森里海の色
柿木村の一輪挿し「ツリガネニンジン」

葉陰で薄紫色の小さなベルがチリリンと鳴ったような鳴らないような。

細くて華奢な茎から下がる姿がとても可憐だ。

散歩の急ぎ足では見過ごしてしまいそう。

山野辺の秋はさっさと急ぎ足で行ってしまう。

置き去りにされまいと僕もつい速足になってしまうのだ。

アンダンテの振り子に日々が懐いてしまう。



田村浩一  たむら・ひろかず建築家

1954年生まれ。株式会社リンケン代表取締役。中国山脈の辺境の地で、美しい森や川や棚田に囲まれながら木と建築の仕事を展開。山野辺の四季の移ろいを感じながら、酒を愛し、野の花を愛で、暮らしに寄り添う棲家とは何かを考えながら生活している。一輪挿しはライフワークのひとつ。