new
里山の色
「しろだも」版画/たかだみつみ
「暑さ寒さも彼岸まで」春の彼岸を迎えました。冬芽をつけて冬を越していた植物も、大きく動き出そうとしています。get_the_titleの本文を読む

最新の記事人気一覧

  • 03/05 旬の話

    森里海から・ニホンタンポポ

    春の花、タンポポ。ところが年中咲くタンポポも存在します。ニホンタンポポとセイヨウタンポポから考える生物多様性のこと。get_the_titleの本文を読む
  • 03/05 旬の話

    森里海から・大内宿

    重要伝統建造物群保存地区・大内宿。古民家群の保存と再生・活用のバランスは難しくも重要な課題です。get_the_titleの本文を読む
  • 03/05 その他

    馬酔木(あせび)

    馬酔木。馬が酔う木。果たしてどんな木なのでしょうか? 日本の表現界に足跡を残してきた木でもあります。get_the_titleの本文を読む
  • 02/18 その他

    藪椿(やぶつばき)

    日本の植生域を4つに分けたときの1つを代表するのが「ヤブツバキ」。珍しい樹ではありませんが、かつてはもっとたくさん見られたのでしょうね。get_the_titleの本文を読む

二十四節気・七十二候  季節の移ろいと旬をたのしむ。

春分

「日天の中を行て昼夜等分の時也」昼夜の長さがほぼ同じに。
  • 初候すずめはじめてすくう雀始巣
  • 次候さくらはじめてひらく桜始開
  • 末候かみなりすなわちこえをはっす雷乃発声
びおハウス現代町家町の工務店ネット住まい関連の「半製品」共感・熟成通販ネット「手の物語」