里山の色
「菫(すみれ)」版画/たかだみつみ
穀雨、植物を育てる雨が降り始める頃となりました。とある言葉を訳して、「雨、やみませんね」と夏目漱石が言ったとか、言わないとか。get_the_titleの本文を読む

最新の記事人気一覧

  • 04/04 その他

    山鶯神楽(やまうぐいすかぐら)

    「清明」、その名の通り清く明るく、万物が生まれいづる頃、であるが故に、先祖を敬い、過去を知ることもまた重要です。get_the_titleの本文を読む
  • 03/20 その他

    しろだも

    「暑さ寒さも彼岸まで」春の彼岸を迎えました。冬芽をつけて冬を越していた植物も、大きく動き出そうとしています。get_the_titleの本文を読む
  • 03/05 旬の話

    森里海から・ニホンタンポポ

    春の花、タンポポ。ところが年中咲くタンポポも存在します。ニホンタンポポとセイヨウタンポポから考える生物多様性のこと。get_the_titleの本文を読む
  • 03/05 旬の話

    森里海から・大内宿

    重要伝統建造物群保存地区・大内宿。古民家群の保存と再生・活用のバランスは難しくも重要な課題です。get_the_titleの本文を読む

二十四節気・七十二候  季節の移ろいと旬をたのしむ。

穀雨

「春雨降りて百穀を生化すれば也」穀物の成長を助ける春の雨が降るころ。
  • 初候あしはじめてしょうず葭始生
  • 次候しもやんでなえいずる霜止出苗
  • 末候ぼたんはなさく牡丹華
びおハウス現代町家町の工務店ネット住まい関連の「半製品」共感・熟成通販ネット「手の物語」