里山の色
「藪椿(やぶつばき)」版画/たかだみつみ
日本の植生域を4つに分けたときの1つを代表するのが「ヤブツバキ」。珍しい樹ではありませんが、かつてはもっとたくさん見られたのでしょうね。get_the_titleの本文を読む

最新の記事人気一覧

  • 02/04 その他

    白樫(しらかし)

    立春、新しい一年が始まりました。立春はこのところずっと2月4日ですが、近々違う日になる予定もあるようです。get_the_titleの本文を読む
  • 01/20 その他

    藪柑子(やぶこうじ)

    大寒、もっとも寒いとされる時期がやってきました。住まいの温熱環境と健康の間に有意な関連があるのではないか、ということが言われています。get_the_titleの本文を読む
  • 01/05 その他

    蛇の髭(じゃのひげ)

    寒の入りです。冬至よりも太陽高度は高くなり、日射量が増えるのになぜ寒くなるのでしょうか。答は熱の入・出のバランスとスピードです。get_the_titleの本文を読む
  • 12/21 その他

    榊(さかき)

    神事によく使われる木、サカキ。語源には諸説あるなかで、境目にある木、という説があります。境目をはっきりさせるか、させないか。なかなか重要なテーマです。get_the_titleの本文を読む

二十四節気・七十二候  季節の移ろいと旬をたのしむ。

雨水

「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也」雪が雨に変わるころ。
  • 初候つちのしょううるおいおこる土脉潤起
  • 次候かすみはじめてたなびく霞始靆
  • 末候そうもくめばえいずる草木萌動
びおハウス現代町家町の工務店ネット住まい関連の「半製品」共感・熟成通販ネット「手の物語」