里山の色
「更紗満天星(さらさどうだん)」版画/たかだみつみ
更紗満天星、または更紗灯台。知らないと読めない植物の名前。カタカナ表記が合理的とはいうけれど…。get_the_titleの本文を読む

最新の記事人気一覧

  • 06/05 その他

    山百合(やまゆり)

    ユリの女王、とも称されるヤマユリ。このユリが、多くの園芸品種の親になっています。get_the_titleの本文を読む
  • 05/21 その他

    伊呂波紅葉(いろはもみじ)

    紅葉の代名詞のような「モミジ」。けれど紅葉は、モミジの生態のほんの一部です。万物が育ち、立派になっているこのタイミングのモミジも、またよろしいもので。get_the_titleの本文を読む
  • 05/05 その他

    定家葛(ていかかずら)

    小倉百人一首の中でも有名な、藤原定家の歌です。 当時の和歌は恋を伝える役割も持っていたとはいえ、ずいぶんと情熱的な内容ですね。 藤原定家は、「家聖」の二つ名で知…get_the_titleの本文を読む
  • 04/20 その他

    菫(すみれ)

    穀雨、植物を育てる雨が降り始める頃となりました。とある言葉を訳して、「雨、やみませんね」と夏目漱石が言ったとか、言わないとか。get_the_titleの本文を読む

二十四節気・七十二候  季節の移ろいと旬をたのしむ。

夏至

「陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以て也」もっとも昼が長いころ。
  • 初候なつかれくさかるる乃東枯
  • 次候あやめはなさく菖蒲華
  • 末候はんげしょうず半夏生
びおハウス現代町家町の工務店ネット住まい関連の「半製品」共感・熟成通販ネット「手の物語」