藪蘭(やぶらん)
里山の色
「藪蘭(やぶらん)」版画/たかだみつみ
ヤブランは森林の下草に咲く花です。生物には、場所ごとに適した形態・性質があります。それは、住まいにも本来求められていた機能です。get_the_titleの本文を読む

最新の記事人気一覧

  • 女郎花(おみなえし)
    09/07 その他

    女郎花(おみなえし)

    女郎花(おみなえし)は、植物の名前であり、色の名前でもあります。get_the_titleの本文を読む
  • 里山の色・葛
    08/23 その他

    葛(くず)

    新連載「里山の色」が始まります。たかだみつみさんの木版画によるシリーズです。 在来の植物を取り上げていきます。日本の植物が持っている「色」をお楽しみください。…get_the_titleの本文を読む
  • 鮎のせごし(ぶつぎりにしたもの)
    08/08 旬の話

    森里海から・鮎

    鮎は香魚とも呼ばれるように独特の香りを持ちます。香り・そして味は、生息する川の環境によりますが、天然鮎が健全に生息できる川も少なくなりました。get_the_titleの本文を読む
  • 木陰
    07/24 旬の話

    木陰の涼しさ

    二十四節気の「大暑」は、一年で一番暑いとされる頃です。 すでに全国各地で猛暑日も記録されています。 熱中症で搬送される人も多く、気象庁は「高温注意情報」を発表し…get_the_titleの本文を読む

二十四節気・七十二候  季節の移ろいと旬をたのしむ。

秋分

「陰陽の中分なれば也」昼夜の長さがほぼ同じになり、秋が深まるころ。
  • 初候かみなりすなわちこえをおさむ雷乃収声
  • 次候むしかくれてとをふさぐ蟄虫坏戸
  • 末候みずはじめてかるる水始涸
びおハウス現代町家町の工務店ネット住まい関連の「半製品」共感・熟成通販ネット「手の物語」