里山の色
「蛇の髭(じゃのひげ)」版画/たかだみつみ
寒の入りです。冬至よりも太陽高度は高くなり、日射量が増えるのになぜ寒くなるのでしょうか。答は熱の入・出のバランスとスピードです。get_the_titleの本文を読む

最新の記事人気一覧

  • 12/21 その他

    榊(さかき)

    神事によく使われる木、サカキ。語源には諸説あるなかで、境目にある木、という説があります。境目をはっきりさせるか、させないか。なかなか重要なテーマです。get_the_titleの本文を読む
  • 12/07 その他

    すだじい

    大きな幹に、かわいい殻斗に入った小さな実をつけるスダジイ。名前の由来は定かで無いですが、有史以前から人との関わりが深い木です。get_the_titleの本文を読む
  • 11/22 その他

    黐の木(もちのき)

    鳥黐、といっても若い人は知らないかもしれません。その鳥黐の原料だったモチノキ。鳥黐が使われなくなった今、でも別の意味で鳥を惹きつけています。get_the_titleの本文を読む
  • 11/07 その他

    真弓(まゆみ)

    実の鮮やかな美しさが際立つマユミは、今でこそ鑑賞・庭木につかわれますが、もともとは弓の材料になったことから真弓の名がつきました。get_the_titleの本文を読む

二十四節気・七十二候  季節の移ろいと旬をたのしむ。

小寒

「冬至より一陽起るが故に陰気に逆らう故、益々冷る也」いよいよ寒さが増してくるころ。
  • 初候せりすなわちさかう芹乃栄
  • 次候しみずあたたかをふくむ水泉動
  • 末候きじはじめてなく雉始雊
びおハウス現代町家町の工務店ネット住まい関連の「半製品」共感・熟成通販ネット「手の物語」