木瓜

森里海の色
柿木村の一輪挿し「ボケ」

木瓜

白と薄紅色のグラデュエーションが籠の中で華麗なる雰囲気を醸し出している。

木瓜の花は桜に比べて日持ちが佳いのが嬉しい。

「花に嵐のたとえ、サヨナラだけが人生だ」と古い中国の詩を訳したのは鱒二だった。

確かに美しい花は短い命を惜しまれて散るからこそいいのだろう。

人もまた呆けて生きさらばえるより、花の下で酒を酌み交わし風に吹かれて静かに去り行くのが佳しなのかもしれない。

そんな戯言を言うやつがいつまでも長生きするのさ、とボケの花にツッコまれた気がした。



田村浩一  たむら・ひろかず建築家

1954年生まれ。株式会社リンケン代表取締役。中国山脈の辺境の地で、美しい森や川や棚田に囲まれながら木と建築の仕事を展開。山野辺の四季の移ろいを感じながら、酒を愛し、野の花を愛で、暮らしに寄り添う棲家とは何かを考えながら生活している。一輪挿しはライフワークのひとつ。