森里海の色
柿木村の一輪挿し「セイヨウヒイラギ」

西洋柊

Xmasと言えばやっぱりこの赤い実。
周りの枯れた世界、若しくは白く積もった雪の中で緑の葉と赤い実が一段と目立っている。
この季節は山にもエサが少なくて小鳥たちが見つけやすいようにと赤い実が多いのだと聞いたことがある。
自然界は優しさに満ちている。

クリスマスホーリーとも呼ばれてこの時節が一番の旬な植物だ。
子供たちが小さい時分に葉っぱの棘に苦労しながら家族でクリスマスツリーやリース作りを愉しんだことを思い出した。



田村浩一  たむら・ひろかず建築家

1954年生まれ。株式会社リンケン代表取締役。中国山脈の辺境の地で、美しい森や川や棚田に囲まれながら木と建築の仕事を展開。山野辺の四季の移ろいを感じながら、酒を愛し、野の花を愛で、暮らしに寄り添う棲家とは何かを考えながら生活している。一輪挿しはライフワークのひとつ。