今候のまとめ読み

立春・黄鶯睍睆のまとめ   
ニャルソックしてるのはどの子でしょう?

猫と黄鶯睍睆

2019年の「立春(りっしゅん)の次候・黄鶯睍睆(うぐいすなく)」は今日までです。「こうおうけんかんす」とも読まれます。ウグイスが鳴き始める頃と言う意味で、「睍睆」とは声の美しい様子を表す畳韻(ジョウイン)の擬態語です。この黄鶯とは、中国のウグイスのことで別名チョウセンウグイス。日本のウグイスとは違いますが、美しい声で鳴くと言う部分は同じです。ただ、日本のウグイスが鳴き始めるのはもう少し暖かくなってからです。しかも、ウグイスとメジロを間違える人が多く、何が何だか。

びおの歳時記

立春 2/4~2/18 黄鶯睍睆 2/9~2/13

立春・黄鶯睍睆

こよみの色

立春 薄香色うすこういろ #F0CFA0

・生薬や香辛料として、またかぐわしい香りのする香木の丁字を染料に用いた色の一つ。香という染色名は、香料で染めたことに由来しており、平安時代は香を大切にしたので、香色は愛用され、文学にもたびたび登場しました。

黄鶯睍睆 卵色たまごいろ #FCD575

・玉子色とも書きます。鶏卵の黄身のような少し赤みを帯びた黄色のこと。江戸時代前期から染色の色として用いられるようになり、中期ごろに着物の色として流行した。また、鶏卵の殻の色で、やや茶色みがかった白をいう場合もあるが、それは「鳥の子色」という。

 

びおの七十二候

黄鶯睍睆

黄鶯睍睆・うぐいすなく

木版画/たかだみつみさん
文/びお編集部

リニューアルする前の住まいマガジンびおから七十二候の黄鶯睍睆のお話を紹介。ウグイスのお話や前田夕暮、石川啄木のお話などから「びお」らしい黄鶯睍睆をお届け。

2019.2.9公開

我輩は歌丸である。 第17回

庭をパトロール中のハチワレ猫歌丸

今日も僕が地球の平和を守ったね!

永田花さん

地球防衛軍の猫部門に所属していると豪語するハチワレ猫歌丸。今日も(こわごわ)お庭とベランダと玄関前をパトロールしています。歌丸くんのおかげて今日も地球は平和を守られたよ!ありがとね!

2019.2.9公開

ちいきのたより 第24回

倉敷児島ジーンズロッカー

つなげ!繊維のDNA

岡山県倉敷市 運船建設さん

全国の工務店さんが交代で書くちいきのたより。今回は岡山県倉敷の運船建設さんに有名なジーンズストリートの辺りを紹介いただきました。ジーンズは有名で知っている方も多いと思いますが、制服の多くも同じ倉敷の児島周辺で作られているとか。もしかしたら日本の衣服をこの一地域が担っているのかもしれません。

2019.2.9公開

F・LL・ライトに学ぶ ヴィンテージな家づくり 第15回

三角モジュールの家Palmer house

三角モジュールの家 Palmer邸(1950)

半田雅俊さん

建築家半田雅俊さんによる、フランクロイドライトの建築を紹介する連載の第15回。個性的な正三角形のユニットで構成された平屋建ての家。しかしPalmer氏がライトの建築の魅力を『刺激的な要素が調和を保っていること』と言っているように、落ち着きと開放感の調和があり不自然さを感じません。現在は、一般に貸し出され宿泊することができます。機会があればおすすめです。
www.flwpalmerhouse.com

2019.2.10公開

びおの珠玉記事 第43回

藤原鎌足

名字の日

びお編集部

2月13日は「名字の日」ということで、「苗字」の成り立ちなど調べてみました。名字と苗字、これも違いがありますね。どんな意味があるのでしょうか。

2019.2.12公開

以上、立春・黄鶯睍睆のまとめ読みでした。