今候のまとめ読み

穀雨・葭始生のまとめ読み   
フランスの出産事情…他

猫と葭始生

2019年の「穀雨(こくう)の初候・葭始生(あしはじめてしょうず)」は今日までです。葦をはじめ、草花が芽吹き初め景色を彩りだします。水辺に広く自生する葦は、若芽を食したり茅葺屋根になったり日本人の暮らしを支える植物でした。

びおの歳時記

穀雨 4/20~5/5 葭始生 4/20~4/24

穀雨・葭始生

こよみの色

穀雨 威光茶いこうちゃ #A8A256

・やや茶みのある黄緑色。柳葉色と茶色をあわせたような色。緑色を茶と呼ぶのは「染料の色」説が主流。『威公茶いこうちゃ』とも記されます。威公は徳川頼房のことを称したため、威光茶は頼房が好んだ色とも言われています。

葭始生 紅梅色こうばいいろ #F2A0A1

・少し紫を含んだ紅梅の花の色のような淡い紅色。ベニバナを用いた紅花染の一種。元々は「桃色」に近い色でしたが、江戸期には濃い紫紅色を紅梅色と呼ぶように変化しました。

ちいきのたより 第36回

カープを応援する工務店

広島ならでは!?

広島県広島市 大喜さん

全国の工務店さんが交代で連載する「ちいきのたより」第36回は広島県広島市の大喜さんです。広島と言えばお好み焼き・牡蠣・カープですね(勝手にすみません)。例に漏れずカープのユニフォームで広島独特かもしれない建材を紹介された大喜さん。その地域の気候に合わせて建材を選択するのが大事ですね。

2019.4.20公開

ところかわれば

フランスの妊娠手帳

フランスと日本、子育てにまつわるちがい 妊娠編

森弘子さん

フランスで出産をした森さん。その時に知った日本とフランスの出産事情。日本は事細やかにカバーしてくれる一方、フランスは合理的。また、産院だけでなく一般人の妊婦への対応の違いもあるようです。機会は無くともちょっと気になる他国と日本の出産状況の違いです。

2019.4.21公開

「ていねいな暮らし」カタログ 第25回

新タマネギ

「ていねいな暮らし」語りの棲み分け

阿部 純さん

前回同様、『つち式』を取り上げられた阿部さん。今回は「ていねいな暮らし」を語る事について。今ではインスタなどSNSでも
暮らしについての情報が一般的になっています。つち式の「暮らし」とはどういうものなのでしょうか?

2019.4.22公開

びおの七十二候 第16回

葭始生

葭始生・あしはじめてしょうず

木版画/たかだみつみさん
文/びお編集部

葦を歌う句は数多くあります。人はなぜ葦に惹かれるのでしょうか。ただの草(ヒドイ)に人の姿を重ねて見た数多くの文化人達の言葉を探ってみました。もう一つのお話は「藤」について。そろそろ見頃です。

2019.4.23公開

以上、穀雨・葭始生のまとめ読みでした。