今候のまとめ読み

大雪・閉塞成冬のまとめ 猫バンバンの季節到来

雪の上を歩く猫

2018年の「大雪(たいせつ)の初候・閉塞成冬(そらさむくふゆとなる)」は今日までです。 本格的な冬が訪れるという意味。

車のエンジンルームやタイヤの間がこの季節僕ら外猫の隠れ家。教えてくれたら出るから、どうか車に乗る前に猫バンバンを忘れないで。

びおの歳時記

大雪 12/7~12/21 閉塞成冬 12/7~12/11

大雪・閉塞成冬

こよみの色

大雪 浅葱色あさぎいろ #00A3AF

葱藍たであいで染めた薄い藍色のこと。青みがかって見えるねぎの色より、ごく薄い藍色の緑みをさす。新撰組が羽織で使用。

閉塞成冬 藤鼠ふじねずみ#A6A5C4

・薄い紫の藤色。鼠がからせたような落ち着いた雰囲気の青紫色のことです。江戸中期より婦人の和服の地色として好まれ、明治・大正にかけてたびたび流行しました。「新駒色しんこまいろ」と呼ばれて花柳界から流行しはじめたとされています。

ちいきのたより 第14回

富士山と神社を巡る旅

富士山と神社を巡る旅

山梨県富士吉田市 滝口建築さん

全国の工務店さんが交代で連絡を書くちいきのたより。第14回目は富士吉田市の滝口建築さんでした。富士の麓ということで、4つの神社を巡る「富士山と神社を巡る旅」をされました。神社好きにはグッとくるチョイス!観光の参考にもなりますよ。富士山の冠雪も美しく見えるが、それほど寒くなる前の良い時期に行かれたのではないでしょうか。

2018.12.7公開

森里海の色

木版画が彩る世界「スダジイ」

木版画が彩る世界「スダジイ」

版画 たかだみつみさん
文 佐塚昌則

「スダジイ」、ジブリ映画のキャラに出てきそうな名前ですが、いわゆるどんぐりの木です。「シイの実」と呼ばれる実をつける木のことと言えば分かりやすいですね。子供の時に拾って食べた方も多いのでは。童心に返ってまた拾ってみても良いですね。苦い実食べないようにどんな実だったか思い出せ私。クックパッドにも「スダジイ」のメニューがありますよ。

2018.12.8公開

我輩は歌丸である。 第15回

オードリー春日のモノマネをする猫

寒いのはイヤっ!

永田花さん

暑い夏に引き続き寒い冬も苦手な猫歌丸。飼い主のモコふわ冬毛への思いは彼に届くのか!?

2018.12.9公開

住まいのグラフィティ 第45回

玄関から上へ下へとつながる空間

高低差を楽しむ暮らし

株式会社 沖田さん

広島県広島市の地盤が道路よりも2m下がっている立地に建築された家。玄関を開けると上下に広がる心地よい空間が広がっていました。どこにいても家族の気配を感じられる温かい住まいです。

2018.12.10公開

以上、大雪・閉塞成冬のまとめ読みでした。

小雪・橘始黄のまとめ読み

猫とみかんと子供

2018年の「小雪(しょうせつ)の末候・橘始黄(たちばなはじめてきばむ)」は今日までです。 橘は柚子、レモンなど食用になる柑橘類の総称でもあります。冬も枯れないことから緑を保つ常緑樹は特別な霊力・生命力の象徴として神聖視する傾向があり、特に日本においては橘への神聖視は強いものでした。
今でも柑橘類の健康効果は良く言われていますね。コタツにみかんは脱水を防ぐために理にかなっているそう。
冬といえばコタツにみかんと猫が日本の冬にぴったりです。でも実は猫はコタツは好きだけど柑橘の香りが大の苦手!間違っても皮の匂いを嗅がせたりしないようにお願いしますね!

びおの歳時記

小雪 11/22~12/6 橘始黄 12/2~12/6

小雪・橘始黄

こよみの色

小雪 砂色すないろ #dcd3b2

・砂のような灰色かかった薄い黄色。日本の海岸に広がる平均的な砂の色をさします。

橘始黄 薄色うすいろ#A89DAC

・ムラサキ科の植物の一種「ムラサキ」の根、紫根しこんに椿灰汁またはミョウバンを使い染めた薄い紫色のこと。平安時代、「紫」が高貴な色であるため色の代表として扱われていたことにより、一般的に「淡い紫色」が薄色とよばれていました。紫色は最上位の位色として限られた人しか使用が許されない色でしたが、薄色は紫の色みが淡いので、禁色とはされませんでした。

ちいきのたより 第13回

未来へつながれローカル文化

未来へつながれローカル文化

愛知県西尾市 イシハラスタイルさん

全国の工務店さんが交代で連絡を書くちいきのたより。第13回目は愛知県西尾市のイシハラスタイルさんでした。もともとやりたかった「地元を自分の足で歩いてみる」ことにチャレンジ。車社会の地域ではこれが意外に難しいことですよね。イシハラスタイルさんは地元の商店街を歩き、守っていきたい景色を再確認したようでした。

2018.12.2公開

住まいのグラフィティ 第44回

ほぞの跡がアクセントとなる入母屋部分は、将来増築スペース

入母屋の離れ

富永大毅建築都市計画事務所さん

都内としては贅沢な敷地に建築された木造家屋の建替えです。シンプルな入母屋形式、大谷石の塀など建築としても面白い作りをしつつ、重力換気により省エネ基準以上の断熱と、将来は入母屋部分を増床可能なように計画されたデザインと暮らしの両立を叶えた家です。

2018.12.3公開

ところかわれば

フィンランドのサウナ室

フィンランドのサウナ文化

森弘子さん

前回に引き続き友人夫妻のサマーコテージを訪れた森さんのお話。北欧の文化になくてはならない「サウナ」を紹介してくださいました。フィンランドでは各家庭やホテルなど、田舎はもちろん都会でもサウナが見つけられます。日本でも温泉やスーパー銭湯などのサウナで「ロウリュ」を良く見かけるようになりましたが、これはフィンランドのサウナが発祥ですね。その他、本場ではどんな種類、入り方などあるのでしょうか?
日本人には公共のサウナが男女共用で水着無しは考えられませんが、日本には混浴温泉がありますし、そんな感覚なのかもしれませんね。

2018.12.4公開

びおの珠玉記事

美味しそうな柿

柿くへば…

びお編集部

今が旬の柿。ここ浜松近辺では献上柿として「次郎柿」が有名です。とっても甘くて美味しい柿ですが、そんな柿は意外にも栄養・効用が多くあるようです。特に年末お酒を飲む機会が増えますが、そんな時に嬉しい効果もあるとか。詳しくは記事をご覧くださいね。だからと言って飲み過ぎはいけませんが。

2018.12.5公開

以上、小雪・橘始黄のまとめ読みでした。

小雪・朔風払葉のまとめ読み

猫と枯葉

2018年の「小雪(しょうせつ)の次候・朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)」は今日までです。 
寒さもどんどんと増し、冷たい北風が、木の葉を散らす頃という意味です。ここ浜松市近辺(浜名湖から御前崎あたりまで)では冬には「遠州のからっ風」と言われる冷たく強い風が吹き、自転車を漕いでも漕いでも前に進めない学生を見かけるようにもなります。

そんな日も北風が落としてくれた枯れ葉のお布団で、風の当たらない日なたでのお昼寝は最高ですね。北風は悪いことばかりじゃないみたいですね。

びおの歳時記

小雪 11/22~12/6 朔風払葉 11/27~12/1

小雪・朔風払葉

こよみの色

小雪 砂色すないろ #dcd3b2

・砂のような灰色かかった薄い黄色。日本の海岸に広がる平均的な砂の色をさします。

朔風払葉 芥子色からしいろ#C8A65D

・やわらかい黄。香辛料のカラシのような、くすんだ鈍い濃い黄色のこと。近年流行りのグレイがかかった色の一種でもあります。近代に生まれた新しい色の名です。

ちいきのたより 第12回

EAT LOCAL KOBE

EAT LOCAL KOBE

兵庫県尼崎市 いなほ工務店さん

全国の工務店さんが交代で連絡を書くちいきのたより。第12回目は尼崎市のいなほ工務店さんでした。神戸での地産地消の情報を紹介する「EAT LOCAL KOBE」から、面白そうなお店「FARMSTAND」を見つけて行ってきたようです。改めて自分の地域を知るきっかけにもなったようでした。

2018.11.27公開

森里海から「あののぉ」 第5回

大谷石ととくじら石の石蔵集落

黐大谷石と徳次郎とくじら石の石蔵集落

菅 徹夫さん

大谷石が有名になったのは建築家フランク・ロイド・ライトが帝国ホテル旧本館で使用したことからとも言われています。ライト館とも呼ばれていますね。玄関部分だけは現在愛知県犬山市の明治村で見ることができます。ブラタモリではそう言っていましたが、菅さんがもうちょっと掘り下げて徳次郎町でしか採れない貴重な徳次郎とくじら石の石蔵集落についても紹介してくださいました。

2018.11.28公開

ぐるり雑考 第24回

自分の物語を

自分の物語を

西村佳哲さん

野尻湖の畔にあるホテル。そこでは物語『モモ』について語り合う滞在イベントが繰り広げられました。モモは今でも根強いファンが多い古いお話。周りに耳を傾ける女の子が「聞く」ことで相手も自分も満たされる。まだ読んでいない方も、ぐるり雑考を読んだらきっと本編も読みたくなります。

2018.11.29公開

びおの珠玉記事

筑前煮

旬のコラム 食卓の彩り・秋が旬の人参

びお編集部

にんじんは年中スーパーで安価に買えます。でも旬があるのです。いつが美味しいのか?栄養は?子供はどうして嫌いなの?身近すぎて知らないにんじんについて改めて調べてみました。

2018.11.30公開

以上、小雪・朔風払葉のまとめ読みでした。

小雪・虹蔵不見のまとめ読み

猫とにじかくれてみえず

2018年の「小雪(しょうせつ)の初候・虹蔵不見(にじかくれて みえず)」は今日までです。 
陽の光が弱くなり雨が少なく乾燥するため、太陽の光とそれを反射する空気中の水滴のダブル効果で虹ができにくくなる季節です。「冬の虹」は見ることが難しいレアということですね。
頑張って空を見つめていたらいつか見えるかな?

びおの歳時記

小雪 11/22~12/6 虹蔵不見 11/22~11/26

小雪・虹蔵不見

こよみの色

小雪 砂色すないろ #dcd3b2

・砂のような灰色かかった薄い黄色。日本の海岸に広がる平均的な砂の色をさします。

虹蔵不見 枯草色かれくさいろ#e4dc8a

・その名の通り枯れた草のような、暗い黄緑系の色。枯れ草色とカーキは同じ色として扱われる場合もありますが、カーキのほうが暗く灰色っぽい雰囲気があります。

びおの珠玉記事

ホテリアアルト

上質なホテルに泊まりました。

小池一三

益子義弘さん、河合俊和さん、大竹慎太郎さんの3人の建築家が設計を担当したホテリアアルト。「ホテリ」は、フィンランド語でホテル、アアルトは波という意味です。大屋根が印象的な木造の建物は、専門家が建築的にワクワクする建物なんだそう。

2018.11.22公開

森里海 木版画が彩る世界

黐の木

黐の木(もちのき)

版画 たかだみつみさん

「モチノキ」からは、その名のとおり「とりもち」がとれます。モチノキには赤く小さな実がなります。この実をめがけて野鳥がやってきます。木の実が赤などの目立つ色をしているのは、鳥を引き寄せるためです。まあこれも、ある意味とりもちといえるでしょうか…?
垣根としても使用され、潮風に強いことから海岸沿いの防風林としてや、葉に水分が多いことから防火樹として使われることもあるそう。

2018.11.23公開

色彩のフィールドワーク:もてなす緑 第19回

グランサンクタス淀屋橋正面

まちをつなぐ洗練された緑——オフィスビルや集合住宅が建ち並ぶ淀屋橋駅界隈

加藤幸枝さん

今回の色測定に選ばれた建物は、大阪市のグランサンクタス淀屋橋。低層部分が元大阪農工銀行という金融機関だったマンションです。建物の「際(きわ)」にある緑がどのような効果を生み出しているのか加藤さんが探りました。

2018.11.24公開

住まいのグラフィティ

吹抜けに面した書斎

Vol.43 北山の家

A.C.E.波多野一級建築士事務所

京都の上賀茂神社の山が望める立地に、周囲と溶け込みながらのびやかなスケールを持つ家が誕生しました。光、風、季節を充分に取り入れられるこの家にはどのような工夫がされているのでしょうか。

2018.11.25公開

以上、小雪・虹蔵不見のまとめ読みでした。

立冬・金盞香のまとめ読み

猫と水仙

2018年の「立冬(りっとう)の末候・金盞香(きんせんかさく)」は今日までです。きんせんかと読ませますが、実は「水仙」のこと。水仙は別名「雪中花」とも言い、お正月の飾りにもよく使われています。水仙は、ヒガンバナ科で、ニラに似た葉やタマネギにも似た球根に毒性があります。猫草と間違って食べないようお気をつけくださいね。

びおの歳時記

立冬 11/7~11/21 金盞香 11/17~11/21

立冬・金盞香

こよみの色

立冬 黄蘗色きはだいろ #FEF263

・ミカン科のキハダの樹皮で染めた、鮮やかな黄色。その色の歴史は奈良時代に遡る。

金盞香 黄土色おうどいろ#C39143

・英名はイエローオーカー(yellow ocher)、仏名はオークルジョーヌ(オークルジョーヌ)。一般的に『黄褐色』『駱駝色らくだいろ』も同様の色をさす。

ちいきのたより

紅葉の高野山

秋の高野山

和歌山市 和秋建設さん

ちいきのたより第11回目は、和歌山市の和秋建設さんでした。一度は訪れてみたい、紅葉が美しい秋の高野山へ。ブラタモリでも紹介されていましたが、街全体が見て楽しめる高野山。和秋建設さんは六波羅蜜ろっぱらみつを楽しんだようです。さて、六波羅蜜って?

2018.11.17公開

まちの中の建築スケッチ 第13回

山梨文化会館

山梨文化会館 甲府のランドスケープとしての丹下作品

神田 順さん

今回のスケッチは建築家丹下健三さんの山梨文化会館を選ばれた神田さん。広島平和記念公園や東京都庁舎が有名ですね。学生時代に同会館を課題で透視図法に描いた思い出が蘇ります。数十年前の印象との変化を感じられたようです。

2018.11.18公開

トピックス ところかわれば

フィンランドのサマーコテージ

フィンランドのサマーコテージ

森弘子さん

フィンランドの友人を訪ねた森さん。夏の間暮らす静かな森の中にある湖沿いのサマーコテージ。建築家とプロダクトデザイナーのご夫妻が自ら改修・増築されました。リビングにはキッチンと煙突を共有する暖炉、別棟に水を流さないドライトイレ(ビオトイレ)。北欧らしい作りは短い夏の自然をめいっぱい感じられるように周りの空間も合わせて設計されたようでした。

2018.11.19公開

びおの珠玉記事

鰹節

鰹節

びお編集部

鰹節はどうして堅いの?削り節とは何が違うの?疑問の解消とかつお節の作り方を教えてもらいに静岡県焼津市の株式会社山七さんへ。想像以上に手間のかかる作業に驚き、さらに「堅い鰹節」が意外に安いと知り、目からウロコの取材だったようです。

2018.11.20公開

以上、立冬・金盞香のまとめ読みでした。

立冬・地始凍のまとめ読み

2018年の「立冬(りっとう)の次候・地始凍(ちはじめてこおる)」は今日までです。寒さで大地が凍り始める頃とされています。地中の水分が凍って霜柱ができたり、空気中の水分が氷の結晶となって霜が降りたり、寒さで色々なものが凍り始めます。子供の時、霜柱を見つけたら嬉しかったな、踏みながら学校へ行ったな、なんて思い出したり。あなたの周りでは何が凍り始めましたか?

びおの歳時記

立冬 11/7~11/21 地始凍 11/12~11/16

立冬・地始凍

こよみの色

立冬 黄蘗色 #FEF263
地始凍 わら色 #D5C752

ちいきのたより

一度離れて気がついた、地域の魅力 静岡県島田市 アクトホーム

一度離れて気がついた、地域の魅力

静岡県島田市 アクトホームさん

ちいきのたより第10回目は、静岡県島田市 アクトホームさんでした。学生時代に数年地元を離れて生活したからこそわかった、島田市のよさ。近くで見ていると気づかないことも、離れてみたら気づくってあるんですね。観光にもオススメのスポットを紹介してくださいました。

2018.11.12公開

移住できるかな 第11回

「空き家バンク」あるある

「空き家バンク」あるある

西本和美さん

「空き家バンク」から物件を見つけようとした西本さん。探してみると驚きの連続…!実際に経験しないとわからない内情・現実を教えてくださいました。

2018.11.13公開

F・LL・ライトに学ぶ
ヴィンテージな家づくり。 第13回

湾曲したバリアーフリー住宅 Laurent邸(1949)

湾曲したバリアーフリー住宅 Laurent邸(1949)

半田雅俊さん

フランク・ロイド・ライトの建築を紹介されている半田さんの連載。今回は車いす生活を余儀なくされたLaurent氏のための住まい。ラグビーボールのような同心円形の住宅です。後に数件の家に応用されたこの住宅のプラン、どんな工夫がなされていたでしょうか。

2018.11.14公開

びおの珠玉記事

旬のコラム コンクリート

旬のコラム コンクリート

びお編集部

11月15日は「生コンクリート記念日」。え?生コンクリート?普通のコンクリート違うの??とちょっと不思議に思ったあなたのために、コンクリートの歴史からお教えします。

2018.11.15公開

以上、立冬・地始凍のまとめ読みでした。

立冬・山茶始開のまとめ読み

2018年の「立冬(りっとう)の初候・山茶始開(つばきはじめてひらく)」は今日までです。今候から暦では冬ということですが、みなさんの地域では冬を感じられましたか?
山茶は「つばき」と読みますが、山茶花(さざんか)のことも指します。両方ツバキ科ツバキ属の樹木でよく似ています。
椿は、「花が散る時に花首から落ち」、山茶花は、「花が散る時は花びらが落ちる」違いがあります。咲いている時の見分け方は椿は、「花がやや筒状で立体的で厚みがあり」、山茶花は、「花が椿に比べて平面的で薄い」です。
・・・咲いている時はちょっと見比べるのが難しそうですね。散る時まで見続けてみましょうか。

びおの歳時記

立冬 11/7~11/21 山茶始開 11/7~11/11

立冬・山茶始開

こよみの色

立冬 黄蘗色 #FEF263
山茶始開 鬱金色 #FABF14

ちいきのたより

ドライヴ トゥ ザ ウエスト&落ちてきた空

ドライヴ トゥ ザ ウエスト&落ちてきた空

大分県大分市 木楽舎 あんどう住宅設計室さん

ちいきのたより第9回目は、大分県大分市 木楽舎 あんどう住宅設計室さんでした。「大分の中心部から5kmずつ離れてみた」として秋晴れのとある休日、地元大分市の中心から癒しを求めてドライブへ。なんでもない暮らしの風景を楽しむドライブもいいものですね。また、「おおいた大茶会」のプログラムの一つ、別府公園で開催中の「アニッシュ・カプーアIN別府」も紹介いただきました。おおいた大茶会は11/25までの期間限定ですが、お近くの方はぜひどうぞ。盛りだくさんのアートが楽しめます。

2018.11.7公開

森里海 木版画が彩る世界

マユミ

マユミ

版画 たかだみつみさん

マユミは、漢字では「真弓」と書きます。ちょうど今頃のマユミの実は、ピンク色のサイコロのように可愛い。その後、熟すと中から種子が飛び出し、もっと寒い真冬には枯れてしまいます。
そんな風に植物が色づく理由は、やっぱり太陽にあるのだそう。

2018.11.8公開

我輩は歌丸である。 第14回

結果オーライ

結果オーライ

永田花さん

前回縫い針を飲み込んでしまった歌丸を病院へ連れて行った花さん。歌丸のお腹から無事に針を取り出せるのでしょうか!?そして「先生がおじさんかおばさんか判別できない問題」は解決するのでしょうか!?前回から気になって仕方なかったあなた、今回その結果が判明しますよ。

2018.11.9公開

住まいのグラフィティ

Vol.42  森林公園の家

Vol.42  森林公園の家

HAN環境・建築設計事務所さん

森林公園に隣接し、三方を樹木に囲まれた南傾斜地に計画された「森林公園の家」。「パッシブデザイン」を実現するため、家全体が繋がった開放的な空間、細部まで計算された住宅です。

2018.11.10公開

以上、立冬・山茶始開のまとめ読みでした。

霜降・楓蔦黄 のまとめ読み

2018年の「霜降(そうこう)の末候・楓蔦黄(もみじつたきばむ)」は今日までです。次は立冬になるので秋は今日までということになります。
紅葉(こうよう)は、季語では「もみじ」または「もみぢ」と読みます。黄葉も同様に「もみじ」または「もみぢ」と読みます。
植物分類上ではカエデとモミジは区別はしません。 植物学的にはモミジもカエデも「カエデ」と言い、どちらも分類上カエデ科のカエデ属の植物です。
北国や山々はすでに紅葉に染まっている頃ですが、紅葉前線が日ごとに南下してくる晩秋には、平地でも美しい秋の景色が楽しめます。

びおの歳時記

霜降 10/23~11/6 楓蔦黄 11/2~11/6

霜降・楓蔦黄

こよみの色

霜降 鶸色 #D7CF3A
楓蔦黄 刈安 #F5E56B

ちいきのたより

城のある町で生まれたから

城のある町で生まれたから

香川県丸亀市 和住宅さん

ちいきのたより第8回目は、香川県丸亀市 和住宅さんでした。さだまさしさんの「城のある町」という曲をご存じですか?香川県丸亀市の市制施行100周年を記念して作られた歌です。そのくらい丸亀市民にとっては丸亀城は心の支えでもあります。そんな丸亀城は西日本豪雨の影響で、三の丸の石垣が少し崩れてしまったのですが、その後の度重なる猛烈な台風に見舞われ、ついに大崩落してしまいました。作者はどんな思いでお城周りを散策したでしょうか。

2018.11.2公開

住まいのグラフィティ  vol.38

開く高断熱住宅
株式会社マクス一級建築士事務所

開く高断熱住宅 株式会社マクス

株式会社マクスさん

静岡県小山町に建築された森の中に佇む自然素材の家。建築主は、もみの木や山桜に囲まれた森の中の斜面の土地と運命的に出会い、周囲の景観に溶け込む家を株式会社マクスの鈴木克彦さんに託しました。鈴木さんはどんな風景を作り上げたでしょう。

2018.11.3公開

ぐるり雑考 第23回

自分でつくる文化

自分でつくる文化

西村佳哲さん

西村佳哲さんが6割いると言う四国の山あいのまち。西村さんはそこで行われた「現代の野良着づくり」を見ました。そう、自分で野良着を作るのです。自分でミシンを使って自分が着る服を作る。これはほんの数十年前には普通のことでした。現在は物を手に入れるための動作が「どう効率的にお買い物をするか」に移行しています。一心不乱にモンペを作る人たちを見て、西村さんは憂いの沼から生還できたようです。

2018.11.4公開

びおの珠玉記事

ハレの日の旬・ケの日の旬、主役級の名脇役・ネギ

ハレの日の旬・ケの日の旬 主役級の名脇役・ネギ

びお編集部

ムロツヨシさん、佐藤二朗さん、鈴木浩介さん、ドラマバイプレイヤーズでも活躍していた大杉漣さん。脇役だけどこの人が出ていたら見ちゃうって好きな脇役(バイプレイヤー)はいませんか?脇役なのに主役級の味と意味をなすのが名脇役。お野菜の名脇役は何と言ってもネギでしょう。これからの季節に欠かせないネギ。でもいつも脇役扱い。これがないとお鍋もお味噌汁もなんだか足りないってなるのに。。。名バイプレイヤーのネギに注目してみました。

2018.11.5公開

以上、霜降・楓蔦黄のまとめ読みでした。

霜降・霎時施のまとめ読み

2018年の「霜降(そうこう)の次候・霎時施(こさめときどきふる)」は今日までです。
小雨は晩秋から初冬にかけて、ぱらぱらと降ったりやんだりする小雨、「時雨(しぐれ)」のこと。晴れていたかと思うとさっと降り、傘をさす間もなく青空が戻ってくる通り雨。
そんな空模様を写した「黄身時雨(きみしぐれ)」。めちゃ美味しいです。

びおの歳時記

霜降 10/23~11/6 霎時施 10/28~11/1

霜降・霎時施

こよみの色

霜降 鶸色 #D7CF3A
霎時施 濃紫 #3E214C

ちいきのたより

ひろ〜い北海道!自然がいっぱい

ひろ〜い北海道!自然がいっぱい

北海道岩見沢市 武部建設さん

ちいきのたより第7回目は、北海道岩見沢市の武部建設さんでした。いわみざわ公園にあるバラ園で開催していた『いわみざわローズフェスタ2018秋』に行ってきた様子を紹介してくださいました。バラがキレイだし、妖精のトムテさんたちもいるし、広くて一日中楽しめそうなすごく行ってみたい公園です。

2018.10.28公開

「ていねいな暮らし」カタログ 第20回

「ホリスティック」に暮らしを考える——『murmur magazine』

「ホリスティック」に暮らしを考える——『murmur magazine』

阿部純さん

ロハスやフェアトレード、エシカルファッション。そんなワードが好きなら絶対読んでみたいmurmur magazine(マーマーマガジン)。環境を意識した暮らしを実現できたら。この雑誌の面白いところは実践者インタビューや座談会などから構成されているところでもありそうです。

2018.10.29公開

ちいさな二十四節気

霜降・どんぐりいろいろ

霜降・どんぐりいろいろ

画 祖父江ヒロコさん

祖父江ヒロコさんによる二十四節気ごとの絵と文で綴る「ちいさな二十四節気」。今では子供のおもちゃが主な役割のようなどんぐり。でも、どんぐりこそが、「土地本来のいのちの森のキーワード」なんだそう。それの理由を探ります。
「かつて、縄文時代の人々は、どんぐりを主食にしていました。私たちがどんぐりを拾いたくなるのは、もしかするとその頃から遺伝子に刷り込まれているからかもしれません。」
だから子供はやたらどんぐりを拾ってくるのか〜、遺伝子に組み込まれているんですね!

2018.10.30公開

びおの珠玉記事

旬のコラム イチョウと銀杏

旬のコラム イチョウと銀杏

びお編集部

銀杏(いちょう)、銀杏(ぎんなん)。一緒だと私のように頭が悪い人は混乱してどうしたもんやろか。。あ、そうか銀杏の葉を飲めばいいってことですね。

2018.10.31公開

以上、霜降・霎時施のまとめ読みでした。

霜降・霜始降のまとめ読み

2018年の「霜降(そうこう)の初候・霜始降(しもはじめてふる)」は今日までです。
霜は、昼の間空気中に含まれていた水蒸気が、夜になって気温が下がった時に、氷の結晶となって地面や植物などの表面に付着したもの。
霜が降りるのは気温3℃以下の時が多いそうです。気温は地上1.5mくらいで観測されますが、地表はもっと寒いためだそうです。
犬や猫など地面に近いところで生活する生物には、人よりもっと早く寒い冬が来ているってことですね。

びおの歳時記

霜降 10/23~11/6 霜始降 10/23~10/27

霜降・霜始降

こよみの色

霜降 鶸色 #D7CF3A
霜始降 錆桔梗 #695F88

ちいきのたより

四谷の千枚田

四谷の千枚田

愛知県豊川市 綺の家建業さん

ちいきのたより第6回目は、愛知県豊川市の綺の家建業さんでした。愛知県の東部にある東三河には、「四谷の千枚田」と言われる棚田が残されています。
古代から『穂の国』と呼ばれていたこの地域を紹介してくださいました。

2018.10.23公開

ぐるり雑考 第22回

いつものうたを、ちがうまちで

いつものうたを、ちがうまちで

西村佳哲さん

好きなバンド「GUIRO」のライブを聴きに、そのまちのコーヒーショップにライブを聞きに来た西村さん。その場で感じた既視感とは。

2018.10.24公開

里山の色

金狗尾(きんえのころ)

金狗尾(きんえのころ)

木版画 たかだみつみさん

キンエノコロは、エノコログサの一種で、イネ科の一年草です。いつもあたる牧野日本植物図鑑には、「ゑのころぐさ」とあるが、実はこのときは「ほもの科」とされている。後に発行された牧野新植物図鑑では、「いね科」とされている。「ほもの」は形態をあらわし、「いね」は代表する植物を指す。漢字では「金狗尾」、金色の犬の尻尾のような草という意味。何はともあれ、「ネコジャラシ」です。

2018.10.25公開

びおの珠玉記事

旬のコラム ハロウィンと冬至

旬のコラム ハロウィンと冬至

びお編集部

ハロウィンは実は日本の冬至との共通点が多い!?成り立ちから探ってみました。

2018.10.26公開

以上、霜降・霜始降のまとめ読みでした。

寒露・蟋蟀在戸のまとめ読み

キリギリスが戸の辺りで鳴く季節。蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)。
今は「蟋蟀」を「こおろぎ」と読みますが、昔は「こおろぎ」のことを「きりぎりす」と呼んだんだそう。「りぃ〜りぃ〜りぃ〜」と鳴く虫の声、聞こえたでしょうか。
2018年の「寒露の末候・蟋蟀在戸」は今日までです。
読み忘れ防止に今候のびおの記事をまとめました。一気読みができますよ。

寒露・末候蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)

寒露・蟋蟀在戸

こよみの色

寒露 コスモス色 #F85CA2
菊花開 葡萄色 #640125

ちいきのたより

広島木造応急仮設住宅

木造応急仮設住宅

広島県広島市 大喜さん

平成30年7月広島豪雨災害によって被災された方たちのために、全国木造建設事業会を通じて広島県工務店協会と全国建設労働組合協力により県内初の木造応急仮設住宅が完成した様子を紹介いただきました。県産材利用の無垢の木は目にも触感にも暖かく、心と体にぬくもりが届きますよう祈ります。

2018.10.18公開

住まいのグラフィティ

南信州の平屋

南信州の平屋

新井建築工房+設計同人NEXTさん

長野県の南部の飯田市は実は気候が厳しく、夏40℃、冬場の晴天率は高いが-10℃を記録する。都合、50℃の気温差に対応する家造りが求められる。そんな厳しい条件をクリアした美しい住宅がびおソーラーを搭載してできました。

2018.10.19公開

びおの珠玉記事

ハレの日の旬・ケの日の旬
秋の味覚・キノコ

ハレの日の旬・ケの日の旬
秋の味覚・キノコ

びお編集部

秋に美味しいきのこ。
野菜売り場で売られていますので「秋の野菜」に取りあげていますが、きのこは野菜でも果物でもありません。それどころか、実は植物でもありません。ではきのこは何の仲間なのでしょうか?美味しく食べるお料理方法も紹介しています。

2018.10.20公開

「ていねいな暮らし」カタログ

動物たちに目を向ける——『SとN』

動物たちに目を向ける——『SとN』

阿部純さん

自然との共生やありのままに暮らすことを考える時に、動物の暮らしぶりに着目するのは当然のことのように思います。もちろん、動物と一緒に暮らす・飼うことは並大抵のことではないので、誰しもが体験できることではないのですが、暮らしを「飼いならすことの難しさ」を根本的に見直すという意味でも、人だけでなく動物に目を向けるということは非常に示唆的な転換だなと思えてしまったのでした。

2018.10.21公開

以上、寒露・蟋蟀在戸のまとめ読みでした。

寒露・菊花開のまとめ読み

菊の花が咲き始める季節になりました。菊は日本人の生活に定着していますが実は外来種なんですね。
2018年の「寒露の次候・菊花開」は今日までです。
菊花開では美味しい秋の野菜を掲載したり、札幌のイベントをマルワホーム企画さんが紹介してくださいました。

寒露・次候菊花開(きくのはなひらく)

寒露・菊花開

こよみの色

寒露 コスモス色 #F85CA2
菊花開 二藍 #915c8b

ちいきのたより

さっぽろ大通り公園

食べ歩きで感じる秋っていいでしょ

北海道札幌市 マルワホーム企画さん

北海道胆振東部地震に遭われたマルワホーム企画さんから近況と元気な札幌の様子を紹介いただきました。みんな元気に頑張っているそうです。どんどん観光客も増えるように祈って。

2018.10.13公開

びおの珠玉記事

旬のデータ 秋の野菜

旬のデータ 秋の野菜

びお編集部

住まいマガジンびおが2017年10月1日にリニューアルする前の、住まい新聞びお時代の珠玉記事から再掲載しました。美味しい秋を満喫できるよう、秋が旬の野菜の栄養素や美味しい野菜の選び方を調べました。

2018.10.14公開

住まいのグラフィティ

入政建築Sukura外観

Sukura大久保(車椅子でも暮らせる2世帯の家)

入政建築さん

いくつもの建物が合わさったような外観。見晴らしの良い立地から遠目にカフェに間違えられることも。屋根に見えるのは、びおソーラーの集熱パネル。冬もふんわり暖かいその住宅にはどんな工夫があるのでしょうか。

2018.10.15公開

びおの珠玉記事

たかだみつみ木版画きづた

里山の色 木蔦(きづた)

木版画 たかだみつみさん

壁面緑化でよく見かけるツタの「木蔦」。やわらかく広がるその様子は、たかだみつみさんの手にかかるとまるで美しくまとまったブーケのようにも見えます。

2018.10.16公開

以上、寒露・菊花開のまとめ読みでした。

寒露・鴻雁来のまとめ読み

地震や台風の被害が大きかったですが、みなさんの地域では大丈夫でしたでしょうか?
肌寒くなり、秋の空を鳥が渡り北から冬鳥が渡ってくる季節になりました。
2018年の「寒露の初候・鴻雁来」は今日までです。
読み忘れ防止に今候のびおの記事をまとめました。

寒露・初候鴻雁来(こうがんきたる)

こよみの色

寒露 コスモス色 #F85CA2
鴻雁来 江戸紫 #745399

ぐるり雑考

月夜

モノ、うつわ、呼吸

西村佳哲さん

本当は秋分の水始涸最終日の更新でしたが人気連載のため、ぜひおすすめしたく特別に紹介しました。今回は物を所有する上での理想と現実・生活のはざまのお話。物を買う・手放すきっかけや頻度についてどう西村さんは考えたのでしょうか。

2018.10.4公開

ちいきのたより

キリンのウイスキー工場

本日から二十四節気は【寒露】

(株)マクス 鈴木克彦さん

ちいきのたよりとは、「ちいきのびお」に参加している各工務店さんから、それぞれ地元のお話をしていただく企画です。七十二候ごとに役に立つ、面白い、お知らせなどが届きます。
ちいきのたより第三回目は、静岡県富士市のマクスさんです。二十四節気のお話かと思いきや、富士山のおいしい水で作られるウイスキーのお話が展開されます。工場見学ツアーでの楽しい体験談、参加してみたくなりますね。

2018.10.8公開

吾輩は歌丸である。 

猫が針を飲み込んだレントゲン写真

簡単には吐かないよ

永田花さん

大変!歌丸が針を飲み込んでしまった!?大丈夫!?先生何とかして〜の巻!今回は連載1年を記念して、歌丸がまだ小さかった頃のある事件についてのお話です。大事件が起きていてもケロッとしている歌丸は、やっぱり可愛いですね。

2018.10.9公開

ところかわれば

パリのマルシェ

フランスの食の「びお」事情

森弘子さん

フランス・パリ在住の森弘子さんの連載「ところかわれば」。毎回フランスの建築事情をご紹介いただいていますが、今回はフランスの食の『びお』事情についてです。パリの名物マルシェのお話も出てきますよ。

2018.10.10公開

住まいのグラフィティ

春霞の家

春霞の家

小野 剛さん

人気連載「住まいのグラフィティ」。太平洋を木の間に臨む丘陵地に建てられた春霞の家。「人と自然をとり結ぶ場としての建築」をと、小野剛さんは考え設計されました。

2018.10.11公開

以上、寒露・鴻雁来のまとめ読みでした。