丸山弾設計石神井の家

住まいのグラフィティ

Vol.47  石神井の家
丸山弾建築設計事務所

閑静な住宅街にある敷地。南側には住宅が迫るものの、東側には畑があり、西側の道路とともに東西に風や視線が抜ける環境でした。東西に視線を抜きつつ、南からの光をどう入れるか考えました。

二階の中央部に高窓を設けて、みんなが集まるダイニングスペースとしました。その周辺部は天井を低く下げて、台所やソファコーナー、書斎や子供室などひとりで過ごす場所を配置しました。

一階においては、階段につながる玄関ホールから、水廻り、洗濯物を干すバルコニー、寝室、玄関ホールへと回遊性のある家事動線にすることで、忙しい現代の生活に対応できるようにしました。

丸山 弾

丸山弾設計の石神井の家の玄関ポーチ 西側外観。ポーチやバルコニーを凹ませて、街との距離感を保っている。

洗面所へつながる玄関ポーチ

玄関ホール正面。そのまま洗面所へつながる。

洗面所から物干し場への家事動線が便利な洗面所

洗面所。左は脱衣所・浴室へ。正面は洗濯干し場となるバルコニーへ。

丸山弾設計玄関ホール

玄関ホールから寝室を見る。

水回りとも動線が良い白く明るい寝室

寝室。寝室からもバルコニーにつながり、水廻りとつながる回遊動線になる。

二階のリビングダイニング

二階。中央にはダイニングテーブルを置き、南の高窓から光を入れている。

リビングダイニングと台所、食品庫などがつながる

天井の低い四周には、台所や食品庫、ソファコーナー、書斎兼子供室、バルコニーを配置している。

DATA
■物件名:石神井の家
■所在地:東京都練馬区
■家族構成:3人(夫婦+子ども1人)
■構造:木造
■敷地面積:115.94㎡(35.03坪)
■延床面積:室内 87.48㎡(26.43坪) 半屋外16.20㎡(4.89坪)
■竣工年月日:2016年11月
■設計:丸山弾建築設計事務所
■施工:株式会社 滝新
■写真:丸山弾

著者について

丸山弾

丸山弾まるやま・だん
1975年東京都生まれ。1998年成蹊大学卒業。2003年堀部安嗣設計事務所入所。2007年丸山弾建築設計事務所を設立。2007年より京都造形芸術大学大学院 非常勤講師。2014年「東日本ハウスデザインコンペ」最優秀賞受賞。著書「木造住宅パーフェクト詳細図集増補特装版」(オーム社)。建築知識(エクスナレッジ)にて「丸山弾の住空間のしつらえ方」を連載中。

連載について

この連載は、住まいづくりの最前線を伝えるコーナーです。5日に1回ほどのペースで、設計事務所や工務店の建築事例をグラフィカルに紹介していきます。今日はどんな住宅と出合えるだろう、そんなワクワクした気持ちで覗いてください。