ミズタホームおおらかな家「びお」

住まいのグラフィティ

Vol.34  大らかな家「びお」
ミズタホーム

「程よい暮らし」をテーマに誕生して8年目を迎える息子夫婦の家です。2年間は展示場として、その後は、「暮らし方を見る」オープンハウスとして利用しています。
森から考える家づくり、エネルギー問題から廃棄までの持続可能な暮らしを心がけて計画にあたりました。
自然に寄り添い、素足の心地よさ・清々しい空気の中で、四季を感じて趣味を楽しむ、そんな居場所もつくりました。
何よりうれしいのは、ビオトープの水がきれいで、そこにやってくるネコや鳥が水を飲んでいる姿を見たときに、心が和みます。
手間のかかる面倒くさい家を造ったので、そこに息子たちが住みこなせるのか、どんな反応を見せるのかも、楽しみの一つでしたが。
結果、薪集めや庭のお手入れと、家に係わる時間がどんどん増えているようです。
でもその手間はまったく苦にならず、むしろ「お手入や作業」が楽しく、ストレスも少ないと言います。便利な世の中ですけど、自分たちの努力で生活を切り開いていく知恵を学んでいる気がします。
磨けば磨くほど、素材も自分も磨かれ、味が深まり、大らかな心になれることを期待して。

水田和弘
ミズタホームおおらかな家エントランス

小さな森の木々から、四季の変化を五感で感じる場所。

ミズタホームガレージ

ガレージ&書斎 ── 友人と語り合う場所として。

ミズタホーム和室リビング

4.5帖の和室リビングとつながる ── ぬれ縁でスイカを食べたり、花火をしたり。

ミズタホーム玄関アプローチ

長いアプローチ、玄関までの植栽アーチ、四季の彩りを感じて。

ミズタホームガレージ外観

時間と共にツタがガレージまで伸びてきた。

ミズタホームリビング

FSC認証材と真壁の家。暮らし方を見せるオープンハウスを定期的に行う。

DATA
物件名:おおらかな家「びお」
所在地:熊本県熊本市近見町
用途:専用住宅
家族構成:夫婦+子供一人
構造:木造2階建て
敷地面積:214㎡
延床面積:134.97㎡
竣工年月:2010年10月
設計:熊本県熊本市 ミズタホーム
施工:熊本県熊本市 ミズタホーム
写真:水田和弘

著者について

水田和弘

水田和弘みずた・かずひろ
熊本県宇土市に生まれる。できる限り地域の素材にこだわり、顔の見える取り組みと人と環境に優しいオーガニックハウスの木の家づくりに励む。「木の家を未来へ」の架け橋。 暮らしのあらゆる場所から楽しみや喜び、心地よさを追求し、住む人の健康と喜びに貢献したい。

連載について

この連載は、住まいづくりの最前線を伝えるコーナーです。5日に1回ほどのペースで、設計事務所や工務店の建築事例をグラフィカルに紹介していきます。今日はどんな住宅と出合えるだろう、そんなワクワクした気持ちで覗いてください。