びお占い

14

清明・次候の星のめぐり

清明次候 4/10 AM7:14ごろ

新月を前に、なにかとトライ「せざるをえない」人も多そう。新しいことで本気を出したいなら、連休前に着手したほうがスムーズです。また、基礎がしっかりしているかどうかを問われるときでもあります。経験してきたことを信じられることならGOサインが出るでしょう。

おひつじ 受け身でいるほうが、自分の本心に近い結果を得られそう。「負けるが勝ち」の運気です。
おうし 甘えられる人には頼るべき。ゴールを確認しつつ、手を取り合って進む仲間を作って。
ふたご 停滞しているような気分に。水面下では動きが活発なので、周囲の動きの情報収集は怠らず。
かに オフィシャルな用事が多め。家では急な来客などにあたふたしそう。家事はミニマルにこなしましょう。
しし 大きなジャンプをするようなタイミングがやってきそう。心だけでも身軽になっておいて。
おとめ 「和気あいあい」としている輪を、遠くから眺めるようなとき。小休止も、たまには楽しんで。
てんびん 自分の意思を試されるようなとき。静かな決意を固めて、新たに動き出すのは少し先。
さそり 人に優しくすると、自分にも帰ってくるとき。評価がついてきやすい時、仕事運も上昇です。
いて 行ったり来たり、やり直しが多くなりそう。スローダウンして正解でしょう。
やぎ 自分のあらゆるスキルを総動員して活躍すべきとき。嵐が去るまで、全力投球を。
みずがめ 「先行投資」と思うようなチャンスがあれば、飛び込んでみて。未来につながる実力に。
うお もやもやしていた悩みを、そっと受け止めてもらえるようなとき。もの静かな人が、意外と頼りに。

→清明末候 4/15 AM9:13ごろ


西洋占星術

連載について

びお占いは、黄道を分割する太陰太陽暦の二十四節気・七十二候と、西洋占星術の黄道十二宮が融合した、新しい星占いです。七十二候ごとに星占いから導き出された一行ヒントをお伝えします。