びお占い

11

春分・次候の星のめぐり

春分次候 3/26 AM2:12ごろ
今年の春は、なんだかざわざわとしている様子。数年間ジャンプできなかった人も、自然な流れで新しいことに飛び込んでいるかも? この春の「心得」をお伝えします。

おひつじ 「まあ、いっか」で前向きに乗り越えられそうなとき。あわてずにいつもユーモアを。
おうし 焦りは禁物のとき。決断の前に、気持ちの断捨離を少しずつ進めておくと良さそう。
ふたご いつも通りの日々の大切さに気づく出来事が。胸が苦しい、切ない気持ちに包まれそう。
かに 浮ついている場合ではない春。プレッシャーが高まりますが真剣に取り組めば達成感が。
しし この春はドタバタすることを覚悟。小さくても地道に続けられることを手放さず、継続を。
おとめ 頼っていた人から卒業する出来事が。友だちの力を借りて自力の一歩を踏み出して。
てんびん 明るい予感にあふれるとき。カーテンやクッションなど布地のリニューアルが吉。
さそり 「繰り返し」を求められて体力を使いそう。少し長めの休息を取っても良いかも。
いて 産みの「楽しみ」を味わえそうなとき。理想ではなく現実の美しさを堪能できそうです。
やぎ 押しの強さを発揮できそう。その場の様子を見極めて、臨機応変な行動が勝利のカギに。
みずがめ 行動の前の考えに時間がかかりがち。いまは中期的な戦略を立てるときかも。
うお ようやく気持ちが穏やかに。掃除やDIYなど、細かく手を動かすと落ち着けそう。

→春分末候 3/31 AM12:27ごろから



西洋占星術

詠み人知らず  よみびとしらず

連載について

びお占いは、黄道を分割する太陰太陽暦の二十四節気・七十二候と、西洋占星術の黄道十二宮が融合した、新しい星占いです。七十二候ごとに星占いから導き出された一行ヒントをお伝えします。