内観居間

住まいのグラフィティ

Vol.19  小さな現代町家Ⅱ
ぷらん・にじゅういち

各務原の工務店「いがみ建築工房」と共同で「小さな現代町家」という住宅シリーズをつくり続けています。これはその二軒目で愛知県犬山市の西三条に建ちました。
6メートル立方のベース(主屋)に3メートル幅のゲヤ(下屋)をL型に配置して、そこに庭を抱き込むというシンプルな構成です。木造のスタンダードハウスを意図したもので、この共通の型をもつ住宅が各務原近郊にすでに10軒ほど建っています。

趙 海光
表題写真/居間から庭をみる。庭はデッキと芝庭がフラットに連続して町に開く。
趙海光

正面が6m立方のベース、左がゲヤ

ぷらんにじゅういち

大きく張り出した軒下空間と、そこに吊り下げられたデッキ。

現代町家

吊りデッキから庭を見下ろす。右手はボックス型の箱窓。

小さな現代町家

居間の全景。左手はキッチン。

DATA
所在地  愛知県犬山市
用途   個人住宅
構造   木造二階建て
敷地面積 47.5坪(175㎡)
延床面積 28.3坪(93.6㎡)
設計   ぷらん・にじゅういち(趙 海光)
施工   いがみ建築工房(伊神建設株式会社)
写真   上田 明