流しの洋裁人の旅日記

4

服は何からできている?(1)

12月は、直線移動距離にしておよそ2000kmを超えました。2,3日に東京青山で開催されたフリーマーケット「RAW TOKYO」、9,10日に大阪中津にあるオルタナティブスペースPLAYで開催された「itocaci×流しの洋裁人」で流し、11日は奈良県天川村(流しの下見)、12日は京都市下京区にある貼箱専門「BOX&NEEDLE」さん(SNSで流し先を募集したら快諾してくださいました)で流し、13日は大阪府阪南市にある「大正紡績」さんで綿繰わたくり体験をし、17日は都内池袋にて開催されたマルシェ「nest marche」で流し、22日は生地の仕入れでお世話になっている愛知県一宮市の「近藤毛織工場」(生地を織る工場)さん、「カナーレ」(生地を企画する会社)さん、岐阜県山県市の生地の整理加工工場を訪問し、23日にはトークイベントを聞きに都内八王子にあるアートギャラリー「つくるのいえ」に行き、25日は打ち合わせで富士吉田市へと訪れ、年末の挨拶をして参りました。

流しの洋裁人の足跡地図

今回訪れた街はそれぞれ織物の産地であり、京都には西陣織が、奈良には靴下や貝ボタンが、愛知県一宮市には毛織物が、八王子にはシルクやネクタイが。さらに 「西陣の技術が丹後や桐生に伝わり、丹後の技術がさらに近江へ、桐生の技術が秩父や八王子へという伝播をとげながら(後略)1」おぉ!なんと西陣と八王子がつながる! など発見がありました。

書きたいことが山盛りあるのですが、12月は大正紡績さんにお邪魔して綿繰り体験をしてきたので、そのことを中心に今号と来号では衣服の素材に目を向けて書いていきます。


 

ところで、ご自身が着ている服の左脇についているタグをじっくりと見たことがありますか? そこには、その衣料品の洗濯時の取り扱い方や原産国、組成表示が書いてあるはずです。

あたりまえのことかもしれませんが、「服」は「生地」からできています。その「生地」は皮革や不織布ではない限り、「糸」を編むもしくは織ることで「生地」となります。「糸」は「繊維」からできていて、繊維は「長鎖状高分子」からできています。

「綿」もしくは「COTTON」と書いてあれば「ワタ2」という植物からとれる木綿繊維もめんせんいを紡績した糸から生地ができ、「ポリエステル」と書いてあれば石油を化学的な方法によって「長鎖状高分子」にした繊維をつくり、それを引きそろえたり紡績して合成繊維糸をつくり、生地ができています。

衣服の素材を辿ると、日本の殖産興業の歴史、産業の変遷まで読み取ることもできますし、繊維の貿易からはグローバル化していった経済の歴史まで関わってきます。また絹糸に似せて作ったナイロンなど科学の進歩にも寄与していますし、農・畜産業からなる繊維原料の生産背景を辿ると「オーガニック」という生産の仕組みや、労働の問題まで浮上してきます。

「衣服は世界の誰かがどこかで縫っている」と同時に、現在国内では原料自給率がほぼゼロであり蚕や羊、綿花や麻を育てていないので「世界の誰かがどこかで綿花や絹、羊を育てている、石油を掘っている」のです。

前置が長くなりましたが、まずわた綿糸めんしになる工程を辿っていきましょう。

(1)『講座・日本技術の社会史 第三巻 紡織』、永原慶二・山口啓二編、株式会社日本評論社発行、1985、p3
(2)ワタ・わた木綿繊維もめんせんい綿めん)の表記が示すもの:ワタは植物名をさす。ワタを育てて花が咲き、その花を綿花めんかと呼び、実ができる。この実が膨らんではじけたもの(朔果)をわたの実(コットンボール)と呼び、中からわたの塊が溢れだしてくる。この塊の状態はまだわたと呼ぶ。綿わたとは、棉から種子を取り除いた木綿繊維(綿)のみの繊繊塊をさす。木綿繊維(綿)の正体は種子の表皮細胞が繊維状に延びたものである。綿を紡績して綿糸めんしができあがる。

綿の絵


原田陽子  はらだ・ようこ

1984年晴れの国岡山生まれ。武庫川女子大学生活環境学科卒業後、岐阜のアパレルメーカーへ営業として就職。「服は機械で自動生産されると思っていた」を耳にしたことをきっかけに、全国各地へミシンや裁縫道具を持参し、その場にいる人を巻き込みながら洋裁の光景をつくる活動を、2014年9月から開始。現在、計40カ所を巡る。洋裁という行為を媒介に、人や場、文化の廻船的役割を担うことを目指している。

連載について

ある日、東京・新宿にある百貨店で買い物をしていたところ、見慣れない光景が目に飛び込んできました。色とりどりの生地がかかるディスプレイの奥で、ミシンにひたすら向かう人がいました。売り場に特設されたブースには、ミシン一台と「流しの洋裁人」と大きく張り出された布の垂れ幕がかかっていました。聞けば、全国各地に赴き、その土地でつくられた生地を用いて即席でパジャマのようなふだん着を製作する活動をしているのだとか。食事については、ずいぶんと生産地や生産者を気にするようになりましたが、衣服のことはまだまだ流行や価格に目を奪われてしまいます。原田さんの全国を股に掛ける活動記録から、衣服に対する見方が少しずつ変わるかもしれません。