移住できるかな

2

最初に何をすればいい?

西本和美 移住できるかな

移住を決心したら、まず何をすべきか? 私は、農家の暮らしを体験することにしました。農村の春夏秋冬には、日々どのような労働があるのか? もし体力と能力がついていけなければ、移住した集落に迷惑を掛けることになる。
各自治体には、新規就農者を支援するプログラムがあります。若い子育て夫婦なら、移住すれば交付金を支給する市町村も。そうした支援の多くは若者対象なので、還暦前の身では自力で何とかするしかありません。
そこで頼りになるのは親戚。幸い故郷の大分県には農業を営む叔母夫婦がいます。米と野菜を作り、椎茸を栽培し、炭を焼く。近頃では珍しい本格的な専業農家です。法事の集まりで弟子入りを申し込むと、叔母夫婦は快く引き受けてくれました。住居は同じく従兄弟が、住む人の居なくなった実家を提供してくれます。
わくわく胸を躍らせて東京に戻り、銀座モンベルでフィールドウェアを買いそろえる。叔母夫婦の住まいは集落から離れた川上の一軒家。万が一、滑って谷底に落ちたとき発見しやすいよう、派手なピンク色を選びます。通勤用にはスズキの50ccバイクを購入。いちばん心配な体力面は、毎朝のラジオ体操を始めます。
そうして半年後の晩夏、豊後高田市田染荘ぶんごたかだしたしぶのしょうで、一年間の農家体験を始めました。東京と大分とを行ったり来たりの二地域居住です。

移住できるかな「最初に何をすればいい?」

中世の地割りを残す、大分県豊後高田市田染荘。

初出勤の朝、50ccバイクで約20分の道程に、何度も急ブレーキを掛けることになりました。視界をふさぐように飛び交うトンボやスズメ、突然横切るヘビやカラス。いまさらながら「田舎道のバイク走行は危険だ」という友人のアドバイスを思い出しました……。
初日の野良仕事は草刈りです。驚いたことに自分たちの田畑だけでなく、周辺の水路や道路、河川にはびこる葦や蔓草なども刈ります。もし農村に出かけたとき、川端に降りて澄んだ水に手を入れたり魚影を眺めたりできるなら、それは地元の人々の手入れの賜物です。里地里山の風景は、決して天然ではないのです。

移住できるかな「最初に何をすればいい?」

道や川の草刈りも農家の仕事。川中の石伝いに対岸に渡れるよう、草木を刈り払う叔父。

長靴で水路や河川に入り、ひたすら草を刈る。イノシシが掘り崩した土手は、クワで土をすくい上げて修復します。
「草刈りは達成感があって楽しいんよー」と叔母。電動草刈り機でずんずん刈り払う叔母の後から、フェンス廻りなどをカマで手刈りするのが私の役割。いい汗をかいた充実の一日でした。
しかし翌朝、布団から起き上がることができません。最初は何が起きたか分からず、激痛に身をよじらせてやっと布団から這い出す。「……これはもしや筋肉痛?」。農家の暮らしは甘くない、と実感した朝でした。



西本和美 移住できるかな

西本和美  にしもと・かずみ編集者・ライター

1958年 大分県生まれ。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。住まいマガジンびお編集顧問。主に国産材を用いた木造住宅や暮らし廻りの手仕事の道具に関心を寄せてきた。編集者として関わった雑誌は『CONFORT(1〜28号)』『チルチンびと(1〜12号)』『住む。(1〜50号)』。