特集

もっと太陽熱を! Part2

2009年02月09日 月曜日

集熱、蓄熱、断熱・気密のパッシブ三原則

――空気集熱によるパッシブソーラーに入る前に

教えてそれでは、一番主眼の空気集熱方式について、お話ください。

もったいぶるわけではありませんが、その前にパッシブソーラーの原理について話をさせてください。そこをしっかり知っておくと、太陽熱を利用するということがどういうことか、よく分かりますので……。

教えて早く具体的なお話に入って欲しいけど、そういわれたら仕方ないわね。

パッシブソーラーの原理は三つあります。一つは集熱です。
その家が日陰に置かれていなければ、どの家も太陽熱を集熱しています。太陽エネルギーは、快晴の日に屋根で受けると1平方メートル当り、ざっと1kwになります。

教えてまず集熱。

集熱された太陽エネルギーは、建物に蓄熱されます。屋根に受けた熱は屋根材に蓄熱されます。夏に裸足で屋根を歩くとヤケドしそうに熱いのは、この蓄熱によります。屋根材だけなく、屋根下地にも蓄熱され、屋根裏にこもります。壁に受けた熱は壁材に蓄熱され、窓を通して入った熱は、木の床やタタミ、じゅうたんなどに蓄熱されます。テーブルに日が当たっていると、そのテーブルにも、テーブルの上に置いてある食器にも蓄熱されます。しかし、その材料に熱容量がなければ、その熱はすぐに放熱されます。せっかく得られた熱なので、冬には、その熱を留め置きたくなります。屋根や壁や床を設けるのは、夏には日を遮り、冬には得られた熱を逃がさないためです。より長く蓄熱させるため、その熱を蓄える材料を選ぶことです。

教えてつぎに蓄熱。

蓄熱した熱を留め置くには、放熱を防ぐ断熱・気密をほどこす必要があります。暑ければ窓を開けますね。寒ければ窓を閉めますね。無意識的に、人は暑さ寒さに反応します。

教えて三つ目に断熱・気密。

これら三つの働きを意識的に行うのがパッシブソーラーです。これはパッシブソーラーをやる、やらないは別にして、建物の熱収支を構成しています。

教えてなるほどね、パッシブソーラーをやらない家も、集熱し、蓄熱し、断熱・気密しているわけね。

そこが大切です。パッシブソーラーは、それを意識的に行うことで、よりよい温熱環境をつくろうという方法です。

    小 大
    ページ上へ