びお・七十二候

  • その他 2009/07/12

    蓮始開・はすはじめてひらく

    蓮始開と書いて、はすはじめてひらく と読みます。蓮の花が開き始める時候をいいます。
    夜明けと共に、泥の中に、水を弾いて優雅な花を咲かせ、4日目には散ってしまいます。俗世にあって俗世にまみれず、清らかに気高いことから、古代の人は、この花に極楽浄土を見ました。

  • その他 2009/07/07

    温風至・あつかぜいたる

    あつかぜに、熱風ではなく温風をあてるところに、寒さであれ暑さであれ、微温的なこの国の気候表現があるように思います。

  • その他 2009/07/02

    半夏生・はんげしょうず

    半夏生と書いて、はんげしょうずと読みます。 かつては夏至から数えて11日目とされていましたが、今では天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日になっています。7月2日頃にあたります。 この頃に降る雨は「半夏雨」(はんげあ […]

  • その他 2009/06/26

    菖蒲華・あやめはなさく

    稲作には水が必要です。雨を欲する農家は、あやめの開花を見て、梅雨の到来を知ったといいます。
    菖蒲という字は「あやめ」とも「しょうぶ」とも読みます。

  • その他 2009/06/21

    乃東枯・なつかれくさかるる

    乃東とは漢方薬に用いられる夏枯草の古名で、その正体はウツボグサ(靫草)です。紫色のきれいな花で、田んぼの畦や草地でよく見掛ける草です。

  • その他 2009/06/16

    梅子黄・うめのみきばむ

    梅の実が黄ばんで熟す時候をいいます。梅雨(つゆ)は、まさに梅の実が熟れる時季の雨であって、きれいな言葉ですね。

  • その他 2009/06/11

    腐草為蛍・くされたるくさほたるとなる

    腐草為蛍と書いて、くされたるくさほたるとなる、と読みます。腐った草が蒸れて、蛍になるというのです。

  • その他 2009/06/05

    螳蜋生・かまきりしょうず

    螳蜋生と書いて、かまきりしょうずと読みます。カマキリが生まれ出る時候をいいます。 カマキリの交尾は、前の年の秋です。カマキリのメスは交尾して間もなく、尾っぽから泡状の粘液を出して、それを草の茎や小枝,人家の外壁などに卵を […]

  • その他 2009/05/31

    麦秋至・むぎのときいたる

    麦秋至と書いて、むぎのときいたると読みます。麦が熟して畑一面が黄金色になる時節をいいます。 初夏に畑一面の黄金色をみるのは不思議な感じがあって、収穫の秋という思い込みがあって、戸惑いを感じたりします。「あき」とは、この場 […]

  • その他 2009/05/26

    紅花栄・べにばなさかう

    紅花栄と書いて、べにばなさかうと読みます。ベニバナの紅黄色の花が盛んに咲く頃をいいます。

  • 1 2 3 4 5 6 8 ページナビゲーション