北山の家A.C.E.波多野一級建築士事務所

住まいのグラフィティ

Vol.43  北山の家
A.C.E.波多野一級建築士事務所

京都の上賀茂神社の山を望む景観的に良好なロケーションに建つ住宅です。軒を低く抑え、地域に合ったのびやかなスケール感とプロポーションを持つ佇まいを心がけました。
庭を建物の前後に配して樹木を植えることで近景を確保した上で、現在得られる借景を生かし環境の良い方角に向かって大きな窓を設けることで、開放的な屋内空間を作りました。
光や風、季節の移ろいがダイレクトに感じられるように設計しています。

波多野 崇

北山の家のリビングルーム

吹抜けのあるリビングルーム。玄関には網戸を設け、開け放つと心地よい風が奥の庭へと抜けていく。


京都北山の家のダイニングルーム

上賀茂神社の山を借景とした庭を楽しめるダイニングキッチン。


土間とリビングを見下ろせる吹き抜け

吹抜けから玄関土間と開放的なリビングルームを見る。


書斎

吹抜けに面した書斎。引出しにはキーボードが収納され、ご主人の趣味である音楽が楽しめる。


紅葉を望める寝室

主寝室からも美しい紅葉の景色を楽しむことができる。

DATA
■物件名:北山の家
■所在地:京都市北区
■家族構成:夫婦
■主体構造:木造軸組工法
■敷地面積:130.27㎡
■延床面積:100.66㎡
■竣工年月日:2011年12月
■設計:A.C.E.波多野一級建築士事務所
■施工:株式会社ツキデ工務店
■写真:沼田俊之

著者について

波多野 崇

波多野 崇はたの・たかし
1971年京都市生まれ。京都工芸繊維大学大学院修了。A.C.E.波多野一級建築士事務所主宰。2016年「右京の家」で第4回京都建築賞入選、平成28年度日事連建築賞奨励賞、2017年「ハレニワの家」でグッドデザイン賞、平成29年度京都景観賞などを受賞。自然素材を使用したシンプルで快適、美しい建築を設計することを目指している。

連載について

この連載は、住まいづくりの最前線を伝えるコーナーです。5日に1回ほどのペースで、設計事務所や工務店の建築事例をグラフィカルに紹介していきます。今日はどんな住宅と出合えるだろう、そんなワクワクした気持ちで覗いてください。