森里海の色
柿木村の一輪挿し「ユキワリソウ」

三角草、雪割草
久しぶりの太陽が野山を照らした。
青空と残雪のコントラストが目に染みるようだ。
裏庭の残雪のすき間からユキワリソウが顔をのぞかせた。

名前の通り、雪を割って咲く花なのになんて可憐なのだろう。
か細い茎の上に僅か一センチほどの白い花弁は儚げながらも芯の強さを感じさせる。

ニュースでは春一番の便りが流れていた。
ようやくこの地にも早春の息吹を感じるようになった。

何年振りかに深く積もった雪と川をも凍らす寒さで身も心も固く冷え切っていた。
ユキワリソウの花がゆっくりと溶かしてくれるようだ。

柔らかな陽だまりの中で猫になりたいと思った。



田村浩一  たむら・ひろかず建築家

1954年生まれ。株式会社リンケン代表取締役。中国山脈の辺境の地で、美しい森や川や棚田に囲まれながら木と建築の仕事を展開。山野辺の四季の移ろいを感じながら、酒を愛し、野の花を愛で、暮らしに寄り添う棲家とは何かを考えながら生活している。一輪挿しはライフワークのひとつ。