森里海の色
柿木村の一輪挿し「シュウカイドウ」

秋海棠

ついこの前まで暑かった里山も、すっかり秋の気配が漂い、
色なき風が野を吹き渡っている。
自宅の縁側の前の庭には、小さなつくばいを据えている。
雨が降ると小さな水たまりができて、草花の姿を映す。
今の時期は、秋海棠が薄桃色の花を咲かせている。
雨に濡れると、うな垂れる姿がやたらと愛おしく可憐だ。
白い花が好きだが、薄い色合いの花も気持ちが和んでくる。