森里海の色
柿木村の一輪挿し「スモモ」

李の花

スモモモモモモモモノウチ。

年のせいか活舌が悪くなって巧く早口になりませんね。

今年、桃の花より先にスモモの花が咲いた。
すらりとした枝にいくつもの花を付けている。
胡麻竹と蔓で編まれた野趣溢れる籠に活けた白い花弁は気品すら感じさせてくれるようだ。

三寒四温のこの頃だから暖かくなったなと思ったら急に風花が舞ったりする。
花芽も開こうか閉じようか迷ってしまうだろう。

山野辺の畦道を歩いていると春は名のみの風の寒さよ~のハナ歌が震えている。

ところで早口言葉では「スモモも桃のうち」とあるが実際は別種のものらしい。



田村浩一  たむら・ひろかず建築家

1954年生まれ。株式会社リンケン代表取締役。中国山脈の辺境の地で、美しい森や川や棚田に囲まれながら木と建築の仕事を展開。山野辺の四季の移ろいを感じながら、酒を愛し、野の花を愛で、暮らしに寄り添う棲家とは何かを考えながら生活している。一輪挿しはライフワークのひとつ。