森里海の色
柿木村の一輪挿し「シュウメイギク」

秋明菊

裏庭の隅に植えた秋明菊が風にゆらゆら揺れている。

細い茎の先の白い花はうつむき加減で儚さを湛えている。

愁名菊の呼び名の方が似合うと思った。

里山は秋の深まりと共に日の落ちるのがめっきり早くなってきた。

周りに灯りの少ないこの地の黄昏時はうら寂しい。

暮泥む墨色の中に白い花びらが幽玄と浮かぶ姿は一枚の絵を見ているようだ。

忍び足で近づく冬の気配を感じながらの夕散歩は自然と速足になっている。



田村浩一  たむら・ひろかず建築家

1954年生まれ。株式会社リンケン代表取締役。中国山脈の辺境の地で、美しい森や川や棚田に囲まれながら木と建築の仕事を展開。山野辺の四季の移ろいを感じながら、酒を愛し、野の花を愛で、暮らしに寄り添う棲家とは何かを考えながら生活している。一輪挿しはライフワークのひとつ。