森里海の色
柿木村の一輪挿し「シャガ」

射干、著莪、胡蝶花

木漏れ陽の林道の山肌にすらりとした姿のシャガが群生で魅せてくれていた。

細い茎の先のフリルのような花姿は春色のふわりとしたスカートが爽やかな風に舞っているようだ。
この時節の食卓を飾るテーブルクロスやテキスタイルの柄にしてもピッタリだと思う。

何本かを纏めてシンプルなガラスのピッチャーに容れてテーブルに飾ると朝の光に映えて
家の中が一気に明るくなりそうだ。

そのうちの一本だけを竹籠に挿した。

古びた玄関の中でさえも花の生気で空気が蘇生し、どよんとしていた頭も目覚めるようだ。
光は輝いて、この季節自然の中で暮らせることの喜びを改めて感じる。



田村浩一  たむら・ひろかず建築家

1954年生まれ。株式会社リンケン代表取締役。中国山脈の辺境の地で、美しい森や川や棚田に囲まれながら木と建築の仕事を展開。山野辺の四季の移ろいを感じながら、酒を愛し、野の花を愛で、暮らしに寄り添う棲家とは何かを考えながら生活している。一輪挿しはライフワークのひとつ。