森里海の色
柿木村の一輪挿し「サザンカ」

山茶花

縁側の前に植えた山茶花が今年も花を付けた。

遥か遠い日に結婚を記念して小さな苗木を植えたのだが
樹形は捻くれてあまり格好良く無く滑稽だけど花芽は沢山つけてくれるのだ。
泣いたり笑ったりだった夫婦の姿を現しているようにも見える。

この花を眺めるにつけ時の移ろいの速さを感じ入ってしまう。
もう今年もあと僅か……としみじみ指折ってみたりする事になる。

歌に唄われることの多い花。
サザンカ サザンカ サイタ ミチ♪
落ち葉焚きの風景も見ることが少なくなった。



田村浩一  たむら・ひろかず建築家

1954年生まれ。株式会社リンケン代表取締役。中国山脈の辺境の地で、美しい森や川や棚田に囲まれながら木と建築の仕事を展開。山野辺の四季の移ろいを感じながら、酒を愛し、野の花を愛で、暮らしに寄り添う棲家とは何かを考えながら生活している。一輪挿しはライフワークのひとつ。