森里海の色
柿木村の一輪挿し「サンシュユ」

山茱萸の花

春分を過ぎるといよいよ元気色の花が咲き始める。

黄色の小さな花の集まりは気分を昂てくれる。

サンシュユは和の風情。

ミモザほどの軽快感は無い。

ボンボンのようなミモザの花は若さの躍動感を感じさせるがサンシュユはどこか和服の似合う落ち着いた人を想わせる。

黄金色に開いたサンシュユを細篭目の花入れに挿した。

黄八丈の似合う人のことを思った。