森里海の色
柿木村の一輪挿し「マンリョウ」

万両-萬両
床の間に正月らしい花を飾って松の内を過ごす。
以前は近所のおじさん大きな門松を作ってくれて玄関先が華やいだけど、おじさんも高齢になっていつしか
門松を飾ることが無くなった。
松は一年中緑の葉枝を保って縁起が佳いので正月の飾りに用い神を「待つ」。
それで「松の内」と言うのらしい。
裏庭の万両が赤い実を付け、それが艶やかで縁起が佳さそうなので一緒に飾った。
最近は畳の間や床の間の無い家も多くなったが新年のハレの日にこうして床に花を活けると、身も心もぴんと引き締まる思いがする。



田村浩一  たむら・ひろかず建築家

1954年生まれ。株式会社リンケン代表取締役。中国山脈の辺境の地で、美しい森や川や棚田に囲まれながら木と建築の仕事を展開。山野辺の四季の移ろいを感じながら、酒を愛し、野の花を愛で、暮らしに寄り添う棲家とは何かを考えながら生活している。一輪挿しはライフワークのひとつ。