森里海の色
柿木村の一輪挿し「クサギ」

臭木

草花の名前はその姿や色合いから概ねお似合いの美しい名を頂戴するものだけど
中にはどうしてこんな名前を貰ったの? と不憫に思える花もあるのだね。

散歩の途中、山肌の草藪の間に綺麗な色の花を見つけた。
赤紫の花弁の中央に濃い紫の実が大きく付いていた。

パチパチと威勢よく弾ける花火のようでもあり、羽子板遊びの羽根のようでもあり、
なんだか朝から元気を貰えた気がした。