森里海の色
柿木村の一輪挿し「クチナシ」

梔子の実、巵子の実、支子の実、山梔子の実

廃屋の裏の荒れた畑に忘れ去られたようにクチナシの実がポツンと残っていた。
雪に埋もれたモノトーンの景色の中で頑なに口を閉じている姿は厳しい地でも強く生き抜く人を思わせる。

暦では立春とはいえ辺境の春はまだまだ遠い。
これから先も凍てつく日がしばらく続くのだろう。
柔らかな陽ざしと暖かな風が吹くのを心待ちする日々。

梔子の実のオレンジ色を見ていると蝋燭の暖かな色に思えてきて少しだけ気持ちが和らいだ。
軒先の長い氷柱の先から雫が垂れ落ちた。



田村浩一  たむら・ひろかず建築家

1954年生まれ。株式会社リンケン代表取締役。中国山脈の辺境の地で、美しい森や川や棚田に囲まれながら木と建築の仕事を展開。山野辺の四季の移ろいを感じながら、酒を愛し、野の花を愛で、暮らしに寄り添う棲家とは何かを考えながら生活している。一輪挿しはライフワークのひとつ。