森里海の色
柿木村の一輪挿し「コデマリ」

小手毬

裏庭の大手毬の横には小手毬が植えられている。
細い枝先に白い小花が枝垂れている。

華美な大手毬に比べるとひそやかで可憐な面持ちだ。
どうやら僕は小さくてひそやかな白い花のほうに惹かれる。
まだ花を咲かせない小さな花芽の時の風情も好きだ。

花器に活けるとうなだれてしまい形を整えるのに苦労する。
ほらもっと顔を上げて前を見ようよと声を掛けたくなる。
花には花の性格があり都合だってあるのだろう。

草花に人を重ねてしまうつまらない癖だ。