森里海の色
柿木村の一輪挿し「クリスマスローズ」

寒芍薬

普段なら三寒四温がこの季節の語呂なのに五寒二温の肌寒い日が続いた。

それでも裏庭の隅にクリスマスローズがひっそりと花を咲かせた。

春分も過ぎたこの時節に各地で雪が舞い、雪おこしの別名が言い得て妙のタイミングだ。

うつむき加減の花びらにそばかすの様なスポットが少女の恥じらいの顔に見えて可愛らしい。

季節ごとに好きな花は数多あるけれど、五指に数えられるほどの大好きな花だ。

クリスマスローズは水を張った花器に浮かべて愛でるのが佳いと誰かから教わった。

誰だったのかが思い出せない。



田村浩一  たむら・ひろかず建築家

1954年生まれ。株式会社リンケン代表取締役。中国山脈の辺境の地で、美しい森や川や棚田に囲まれながら木と建築の仕事を展開。山野辺の四季の移ろいを感じながら、酒を愛し、野の花を愛で、暮らしに寄り添う棲家とは何かを考えながら生活している。一輪挿しはライフワークのひとつ。