「民俗」タグを含むアーカイブ

  • 特集 2011/07/28

    地名を大事にしよう

    7月28日は地名の日。これにちなんで、地名にまつわる不思議・不満を大放出。

  • 旬の話 2010/08/13

    改めて、お盆。

    「盆と正月」という言葉があるように、正月と並んで重要視されてきた「お盆」。お盆の由来や供養のやりかたの紹介と、きゅうりとなすの精霊馬づくりにも挑戦。

  • 旬の話 2010/06/06

    田植えと御田植神事

    麦はこの頃、黄色く実り、麦秋を迎えます。一方、苗代では稲が次第に育ち、田植えを待っています。この時季に熟した麦を刈り取り、稲を植えたことから、「芒種」と呼ばれました。

  • 旬の話 2010/04/05

    手塩にかけて、おにぎりをつくろう

    春・花見をはじめとした行楽シーズンにぴったりの、おにぎり。古くは1800年前の遺跡から出土し、江戸時代には庶民の行楽にも食べられていました。最近ではにぎるものではなくて買うものになってきている感もありますが、「手塩にかけて」にぎったおにぎりは、やはりおいしいですよね。

  • 旬の話 2010/04/05

    お花見の起源

    桜の季節ですね。

    毎年、桜が花開くと、その美しさに心を奪われます。
    桜の下で、お花見も盛んに行われます。

    私たちが毎年楽しみにしている桜、お花見。
    その起源を探ってみました。

  • 特集 2010/03/31

    雷—恐れ・信仰から予測の時代へ

    春の雷は「春雷(しゅんらい)」といい、春の到来を伝えてくれる、めでたいものとされています。
    昔から、「地震・雷・火事・親父」として、怖いものにもあげられている「雷」。
    知っているようで意外と知らない、雷をとりあげます。

  • 旬の話 2010/03/21

    春分と春分の日、そしてお彼岸――ぼたもちも作ってみました

    2010年3月21日は二十四節気の「春分」。そして国民の祝日「春分の日」、お彼岸の中日(ちゅうにち)でもあります。
    春分と春分の日、そしてお彼岸にはどのような関係があるのでしょうか。また、お彼岸には付き物の「ぼたもち」も作ってみました。

  • 特集 2010/03/01

    風呂敷ー古くて新しい、便利な生活道具

    かつてはどこの家庭にもあった風呂敷も、戦後の高度成長期、私たちの生活の中からしだいに姿を消していってしまいました。
    しかし近年、再び風呂敷のよさが見直されてきています。

  • 特集 2010/02/24

    暦の話—2月はどうして28日までなのか。

    2月はどうして28日までなの? 1年はどうして12ヶ月なの? 1年はどうして365日なの?

  • 旬の話 2010/01/05

    「餅」これぞハレの日の食べ物

    餅。身近なようでいて、これほど「ハレの日」の食べ物に相応しいものはないでしょう。餅は、ハレの日、ケの日という民俗学の考え方には欠かせない、神様への供物だからです。

  • 1 2 ページナビゲーション