「エネルギー」タグを含むアーカイブ

  • 特集 2012/02/09

    「日なた」の力。SolarCatしよう!

    猫は居場所を見つける天才です。暖かなところ、涼しいところ…猫のいるところに快適あり。人間も、そうしたSolarCatに学び、知恵を働かせて、快適な居場所をつくりましょう。

  • 特集 2011/10/03

    美しい光発電 シリーズびおハウス(3)

    びおハウスは、「まず建築で出来るだけやろう」を掛け声に、機械設備に出来るだけ頼らない住宅を目指しています。どうしても必要なエネルギーは、びおハウスの特徴の一つである「美しい光発電」によって発電します。軽くてしなやか、屋根に一体化された太陽光発電です。

  • 特集 2011/09/28

    エネルギーの風景を変えよう。びおハウス・ジャパンホームショーから

    ジャパンホームショー2011でびおハウスの出展に注目が集まっています。蒸暑地域をどう考えるか、というPLEAinJAPANへシンポジウムも同時開催。29日にはびおハウスの説明会も実施します。

  • 特集 2011/09/18

    茅葺屋根のような断熱材 シリーズびおハウス(2)

    大きな熱容量をもった断熱材で、室内への熱の到達時間を遅らせます。茅葺屋根が持っていた涼しさを。

  • 特集 2011/09/03

    体感温度と自然室温 シリーズびおハウス(1)

    電力抑制下、自然室温で暮らせる家「びおハウス」の取り組みを開始しました。
    「びおハウス」を構成する考えやアイテムなどについてご紹介するシリーズをはじめます。第一回目は、体感温度と自然室温。

  • 特集 2011/03/16

    こんな筈では!

    今回の地震は、地震学者も、建築学者も、原発関係者も、そして死者も、みんな「こんな筈では!」と思い、また思いながら亡くなったのではないでしょうか。

  • その他 2011/03/16

    [論] データ改ざんなど、不正・隠蔽が続出している原子力発電をどう考えたらいいのか?

    1999年の定期検査中、陸電力志賀原発1号機で、制御棒が外れ臨界状態になっていたことが判明しました。
    制御棒が外れると、炉内の制御が利かなくなる危険性があります。地球規模で放射性物質をばら撒いた旧ソ連のチェルノブイリ原発事故では、制御棒に欠陥があってブレーキの役を果たせませんでした。

  • 特集 2009/12/17

    暖めすぎると冷えるものって何?

    寒い季節、暖房が手放せない、という方も多いでしょう。でも過度の空調は、人の本来持っている季節の調整機能を奪ってしまうのです。暖めすぎるから「冷え性」になってしまう、不思議な話。

  • 特集 2009/12/02

    乾燥・結露・湿度の話

    「冬は空気が乾燥する」という言葉をよく聞きますね。確かに、夏のジメジメした感じに比べると、冬はサラサラ、というよりも、カサカサした空気を感じます。
    空気が乾燥するというのは、どういうことなのでしょうか。そして、それは私たちの生活とどんな関係があるのでしょうか。

  • 特集 2009/03/01

    もっと太陽熱を! Part3

    シリーズ三回目は、空気集熱式パッシブソーラーシステムの話題です。太陽熱をダイレクトに活かすこのしくみは、普通の住宅と、いったいどう違うのでしょうか? 空気集熱式ソーラーの考え方や、その歩みをご紹介します。

  • 1 2 ページナビゲーション