「立秋」タグを含むアーカイブ

  • 旬の話 2013/08/18

    草屋根の日本蜜蜂の蜂蜜

    びお編集委員・菅組代表取締役、菅徹夫さんからの寄稿です。自宅の草屋根のニホンミツバチのこと。香川の森里海から。

  • 旬の話 2013/08/12

    クマゼミのなく頃に

    ひぐらしなく、の候ですが、今日は41℃という観測史上最高気温が記録されるなど、猛烈な残暑真っ只中です。ヒグラシではなく、クマゼミの鳴き声の中で。

  • 旬の話 2010/08/13

    改めて、お盆。

    「盆と正月」という言葉があるように、正月と並んで重要視されてきた「お盆」。お盆の由来や供養のやりかたの紹介と、きゅうりとなすの精霊馬づくりにも挑戦。

  • その他 2009/08/18

    立秋・蒙霧升降(ふかききりまとう) ハスの実

    ハスの花には思い出がふたつあります。ひとつは我家から車で1時間程東へ行ったところにある袋井・松秀寺のハスの花。
    ――ポンと音がしてハスの花が開くのよ―― 

  • その他 2009/08/12

    立秋・寒蟬鳴(ひぐらしなく) トウゴマ

    この植物を私の住んでいる地方ではヒマと呼んでいます。夏になるといけばなの花材として一般的に流通しています。2メートルぐらいまで成長するので最近ではガーデニングにも用いられています。

  • その他 2009/08/07

    立秋・涼風至(すずかぜいたる) 青いりんご

    「暑いですね〜」があいさつになる今頃になると摘みとった草花はあっという間にうなだれてしまいます。生花市場に顔を出したら小さな青いりんごが夏の花と一緒に並んでいました。

  • 旬の話 2009/08/07

    夏の果物、スイカ

    「立秋」を迎え、暦の上ではもう秋ですが、まだまだ暑い日が続きます。
    暑い夏の代表的な果物といえば、スイカ。夏の風物詩とも言えるでしょう。

  • その他 2008/08/18

    蒙霧升降・ふかききりまとう

    立秋も、もう末候です。「蒙霧」とは、もうもうとまとわりつくように立ちこめる濃い霧をいいます。物理的には同じ現象ですが、春は、霞といいます。秋は、霧といいます。地面に近い空気が冷やされ、水蒸気が凝結して小さな水滴になり、浮 […]

  • その他 2008/08/11

    寒蟬鳴・ひぐらしなく

    つくつく法師は、中国で寒蝉と呼ばれているように、これは文句なく秋の蝉です。けれどもヒグラシは、夏の朝方か夕方に、甲高くカナカナと鳴きます。

  • 1 2 ページナビゲーション