「穀雨」タグを含むアーカイブ

  • 旬の話 2012/04/25

    「百利一害」ニンニクの薬効と臭い

    強烈な臭いで忌み嫌われながらも、その薬効や食欲増進効果で人気も高いニンニク。年中出まわりますが、初夏が収穫期で、旬といえるでしょう。

  • その他 2010/04/30

    穀雨・牡丹華(ぼたんはなさく) ツツジ

    この辺りでは春めくのと同時にけたたましいラッパの音が風にのって聞こえてきます。
    そして、浜松まつりの近いことを知るのです。

  • その他 2010/04/25

    穀雨・霜止出苗(しもやんでなえいずる) シロツメ草

    “四ツ葉のクローバー”をみつけて喜んだ経験のある方が思いの外、大勢いらっしゃることを考えると、クローバーという名前のほうが一般的なのかしら?

  • 旬の話 2010/04/20

    今年もやってきました、新茶の季節!

    二十四節気の「穀雨」に入りました。この穀雨の終わる頃、雑節の「八十八夜」となります。
    立春から数えて88日目のことをいい、今年(2010年)は5月2日にあたります。

  • その他 2010/04/20

    穀雨・葭始生(あしはじめてしょうず) タンポポ

    たんぽぽ保育園、児童劇団たんぽぽ、介護施設たんぽぽ、といままでお世話になった施設の名前がさっと頭に浮かびました。

  • その他 2009/04/30

    牡丹華・ぼたんはなさく

    牡丹(ぼたん)が大きな花を咲かせる時季をいいます。牡丹は、中国では花の王と呼ばれ、華やかさの象徴とされます。

  • その他 2009/04/25

    霜止出苗・しもやんでなえいずる

    霜止出苗と書いて、しもやんでなえいずると読みます。霜が降りるのが終わって、稲の苗が生長する頃をいいます。 霜が発生することを、よく「霜が降りる」と言います。霜は、乾燥した地域の冬の朝によくみられる現象で、散歩のために家を […]

  • その他 2009/04/20

    葭始生・あしはじめてしょうず

    春爛漫は、野山だけでなく、水辺にもやってきています。葦が生え始めました。 葦は「葭」とも、「蘆」とも書きます。葭始生と書いて、あしはじめてしょうずと読みます。水辺に葭が芽を吹き出しはじめる時季をいいます。 葦の新しい芽を […]

  • 旬の話 2009/04/20

    穀雨だけど、まだ桜。 桜鯛に、桜えび。

    節気は穀雨に入ったけれど、海は、まだ桜色。

  • 1 2 ページナビゲーション