「春分」タグを含むアーカイブ

  • 旬の話 2014/03/26

    わらび

    山菜は、ちょっとずつ大切に、ありがたく自然の恵みを頂戴しましょう。

  • 旬の話 2013/03/25

    桜始開、しかしそれとは別の「さくら」

    桜、という言葉に心躍る時期がやってきました。とはいえ少々さくらは食傷気味? という方に送る、まるで違うさくらのはなし。

  • 旬の話 2012/03/25

    桜始開・桜と入学と地元学

    「桜始開」を迎えました。満開までは、まだもう少しかかりそうです。入学シーズンをイメージする桜。入学時期と桜、地元学について。

  • その他 2010/03/31

    春分・雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす) クリスマスローズ

    その人の庭はゆき届いた手入れの証として草花たちは生き生きと豊かに繁っています。
    ことのほかクリスマスローズが好きだったその人は、まるで自分を手折るかのように墓前に捧げたのではなかろうかと思ってしまいます。

  • その他 2010/03/26

    春分・桜始開(さくらはじめてひらく) サクラ

    ひとりひとりの心に深く残っている想いを重ねられる植物は「桜」かも知れません。それは他の方に語られることのない想い、それは隣人と共有したい想い、桜に寄せる限りない人々の想いを重ねたらどんな色合いになるのでしょうか。

  • 旬の話 2010/03/21

    春分と春分の日、そしてお彼岸――ぼたもちも作ってみました

    2010年3月21日は二十四節気の「春分」。そして国民の祝日「春分の日」、お彼岸の中日(ちゅうにち)でもあります。
    春分と春分の日、そしてお彼岸にはどのような関係があるのでしょうか。また、お彼岸には付き物の「ぼたもち」も作ってみました。

  • その他 2010/03/21

    春分・雀始巣(すずめはじめてすくう) ヒナゲシ

    この花にはひなげしの名の他にもポピー、虞美人草等の名があり、それぞれの名から得られる印象のちがいに首を傾けてしまいます。

  • その他 2009/03/31

    雷乃発声・かみなりすなわちこえをはっす

    遠くで雷の音がして、稲光が初めて光る時候をいいます。
    三月初旬にある啓蟄のころに鳴る雷は「虫出雷(むしだしかみなり)」と呼ぶそうですが、春分以降の雷は「春雷」と呼ばれ、雷鳴が轟くようになります。

  • 1 2 ページナビゲーション