「小寒」タグを含むアーカイブ

  • 旬の話 2014/01/10

    こんにゃく物語

    こんにゃく。決して派手ではありませんが、その歴史にはなかなか興味深いものがあります。

  • 旬の話 2013/01/15

    Wikipediaの日とレイチェル・カーソン

    1月15日は、Wikipediaがスタートして12年。オープンな知を無料で皆に、というWikipediaですが、頼りすぎると怖いことに。レイチェル・カーソンの例に見る、オープンコンテンツの方向の話。

  • 旬の話 2012/01/11

    塩の日

    1月11日は、塩の日。川中島の戦いで知られるライバル、上杉謙信と武田信玄の故事にちなんだものです。

  • その他 2010/01/15

    小寒・雉始雊(きじはじめてなく) ハボタン

    キャベツの花蕾を食用化したものがカリフラワーやブロッコリー、そして食用ではなくて観賞用に改良したものが葉ぼたんだそうです。

  • その他 2010/01/10

    小寒・水泉動(しみずあたたかをふくむ) ロウバイ

    つい老梅と書きそうになってうろたえてしまいました。
    漢和辞典に天眼鏡をあててやっと臘梅と書けました。蝋梅と書いてもいいようです。蝋細工の蝋です。

  • その他 2010/01/05

    小寒・芹乃栄(せりすなわちさかう) スイセン

    お正月に集った子供たちはそれぞれの生活の場所に戻りました。
    ガランとした部屋をはぐらかすようにつけたテレビの音だけを遠くに聞きながら、水仙を見つめています。

  • 旬の話 2010/01/05

    「餅」これぞハレの日の食べ物

    餅。身近なようでいて、これほど「ハレの日」の食べ物に相応しいものはないでしょう。餅は、ハレの日、ケの日という民俗学の考え方には欠かせない、神様への供物だからです。

  • その他 2009/01/15

    雉始雊・きじはじめてなく

    雉始雊

    雄の雉(きじ)が鳴き始める時節となりました。雄(オス)が、雌(メス)を呼んで「ケーン、ケーン」と鋭く啼くそうで、甲高い呼び声が鋭く寒天に響きます。

  • 1 2 ページナビゲーション