イベント情報味岡伸太郎展 インスピレーション「四ツ池より」

トピックス

びお編集部

「暮らしの時代 美術・デザイン・建築 –– 味岡伸太郎の仕事」(全4回)の記事でご紹介した、領域を横…
続きを読む

舟屋(ふなや)

森里海から「あののぉ」

菅徹夫さん

京都府の北部、日本海に面した地域に二つの舟屋集落があります。ひとつは伊根町伊根地区にある通称「伊根の…
続きを読む

春分の色

色、いろいろの七十二候

びお編集部

画/柴田美佳 春分 (しゅんぶん) 3/20 ~ 4/3 暖かな陽気となり春本番を迎える頃。日本では…
続きを読む

七十二候 雷乃発声かみなりすなわち
こえをはっす

二十四節気 春分しゅんぶん

雷が鳴り轟く。啓蟄のときにも春の雷、虫出しの雷の話をしました。夏の雷はおもに熱雷といって積乱雲…
続きを読む『びおの歳時記』

みんなのための実験的な仮設コミュニティスペースLes Grands Voisins

ところかわれば

トピックス

森弘子さん

パリ天文台ほど近く、カルティエ財団現代美術館の裏手に、3ヘクタールを超える広大な敷地があります。17…
続きを読む

旧粕谷家住宅——住宅街の中の茅葺古民家——

まちの中の建築スケッチ

神田順さん

神田順さんのスケッチ。今回は旧粕谷家住宅をスケッチ。…
続きを読む

桜始開・寄り道

色、いろいろの七十二候

びお編集部

画 祖父江ヒロコ こよみの色 春分一斤染いっこんぞめ・いっきんぞめ #F9AE94 うすい紅染めの色…
続きを読む

人と歴史を繋ぐ石 北海道札幌市 マルワホーム企画

ちいきのたより

地域の記者さん

本日から「桜始開(さくらはじめてひらく)」 北海道の冬はもう少し先まで続きそうですが、少しずつ春の日…
続きを読む

七十二候 桜始開さくらはじめてひらく

二十四節気 春分しゅんぶん

桜が開花する。気象庁による開花日の平均値を見ると本州の主要地域でこの時季に染井吉野が開花します…
続きを読む『びおの歳時記』

浜北・平口の家スローハンド有限会社

住まいのグラフィティ

杉本直計さん

弊社事務所から歩いて行ける古い農家住宅の建替えとしてオファーをいただきました。 三世代6人、それぞれ…
続きを読む

三の十二

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

深い岩倉使節団の謎。そこに仙之助の渡米の証拠となる資料が見つかったと連絡が…
続きを読む

雀始巣・雀

色、いろいろの七十二候

びお編集部

画/たかだみつみ こよみの色 春分一斤染いっこんぞめ・いっきんぞめ #F9AE94 うすい紅染めの色…
続きを読む

韮山の江川家住宅に行ってきました 静岡県富士市 マクス

ちいきのたより

地域の記者さん

本日より季節は、春分の初候で【雀始巣:すずめはじめてすくう】。雀が巣を作り始める頃。春を肌で感じられ…
続きを読む

七十二候 雀始巣すずめはじめてすくう

二十四節気 春分しゅんぶん

雀が巣を作る。燕の巣と違って雀の巣は人目につかない高所に作られます。木のうろや瓦の隙間に巣を作…
続きを読む『びおの歳時記』

脱消費主義的な考え方について——『mahora』

「ていねいな暮らし」カタログ

阿部純さん

前回に引き続きmahora(まほら)を取り上げます。350部限定で一冊3,800円という価格の意味が…
続きを読む

啓蟄の色

色、いろいろの七十二候

びお編集部

画/柴田美佳 啓蟄 (けいちつ) 3/5 ~ 3/19 少しずつ暖かくなり、冬眠をしていた虫が穴から…
続きを読む

続きを読む