七十二候 鶏始乳にわとりはじめてとやにつく

二十四節気 大寒だいかん

鶏が卵を産む。寒中に産まれた卵は寒卵で栄養価が高いとされていますが、大寒のときに産まれた卵は特…
続きを読む『びおの歳時記』

水沢腹堅・豆まき

色、いろいろの七十二候

びお編集部

画 祖父江ヒロコ こよみの色 大寒梅鼠うめねずみ #C099A0 ・赤みがかった薄い鼠色。鼠色は江戸…
続きを読む

水沢腹堅・さわみずこおりつめる

びおの七十二候

びお編集部

大寒の真ん中、沢を流れている水も寒さに凍る、という候です。 川が凍るかどうかは、物理的には、外気温と…
続きを読む

使い手の「手」で考える——『工芸批評』

「ていねいな暮らし」カタログ

阿部純さん

前回からご紹介している『工芸批評』について。高木崇雄氏と沢山遼氏の語った工芸批評における「手」がキー…
続きを読む

甘酸っぱい北限 新潟県糸魚川市 カネタ建設

ちいきのたより

地域の記者さん

冬の味覚みかん。 日本海と県内最高峰の小蓮華山(これんげさん)をはじめ北アルプスの山々に囲まれた、私…
続きを読む

七十二候 水沢腹堅さわみずこおりつめる

二十四節気 大寒だいかん

小川が厚く凍る。二週間ほど前に「水泉動」で水が温かくなりはじめると言ったさきから、これです。「…
続きを読む『びおの歳時記』

点字ブロック

びおの珠玉記事

びお編集部

街や駅を歩くとき、点字ブロックを意識していますか? 視覚障害のない方は、まず意識をしないで生活してい…
続きを読む

款冬華・つらら

色、いろいろの七十二候

びお編集部

画/たかだみつみ こよみの色 大寒梅鼠うめねずみ #C099A0 ・赤みがかった薄い鼠色。鼠色は江戸…
続きを読む

款冬華・ふきのはなさく

びおの七十二候

びお編集部

大寒は、冬の季節の最後の節気でもあります。 初候の款冬華ですが、この三文字を「ふきのはなさく」と読む…
続きを読む

新たに繋がる地域のカタチ 埼玉県本庄市 小林建設

ちいきのたより

地域の記者さん

地域にはコミュニティーがあり、そのコミュニティーの中で交流や情報交換がありました。 古い時代だと井戸…
続きを読む

七十二候 款冬華ふきのはなさく

二十四節気 大寒だいかん

蕗の花が咲く。初春に日本全国の路傍などで顔を見せる蕗の薹、ほろにがい風味が初春の食卓を彩るけれ…
続きを読む『びおの歳時記』

高輪消防署二本榎出張所——都会の谷間の歴史的建築——

まちの中の建築スケッチ

神田順さん

神田順さんのスケッチ。今回は高輪消防署二本榎出張所をスケッチ。…
続きを読む

雉始雊・七草粥

色、いろいろの七十二候

びお編集部

画/いざわ直子 こよみの色 小寒裏葉色うらはいろ #C1D8AC ・木の葉や草の葉裏のような渋くくす…
続きを読む

雉始雊・きじはじめてなく

びおの七十二候

びお編集部

雄の雉(きじ)が鳴き始める時節となりました。雄(オス)が、雌(メス)を呼んで「ケーン、ケーン」と鋭く…
続きを読む

大地の息吹『活火山』と共に暮らす 鹿児島県鹿児島市 シンケン

ちいきのたより

地域の記者さん

穏やかな天候に恵まれたお正月休み。陸路で「桜島」を目指す。 桜島って島ですよね?とよく聞かれますが、…
続きを読む

七十二候 雉始雊きじはじめてなく

二十四節気 小寒しょうかん

雉が鳴き始める。日本の国鳥である雉は、射殺される使者役で古事記に登場するほか十二支で猿と犬に鳥…
続きを読む『びおの歳時記』

続きを読む