乃東生・なつかれくさしょうず

びおの七十二候

びお編集部

乃東とは、「夏枯草(かこそう)」のことで、「夏枯草」は、漢方薬に使われる紫蘇科の「靫草(うつぼくさ)…
続きを読む

三の三

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

山門を入ると、正面に本覚寺の本堂がそびえていた。墓地は、その背後の丘に延々と広がっている。かなり大き…
続きを読む

七十二候 乃東生なつかくれくさしょうず

二十四節気 冬至とうじ

及東とは靫草。別名夏枯草ともいい利尿作用のある漢方薬です。夏至のころに及東枯があり、冬至と夏至…
続きを読む『びおの歳時記』

こどもと旅するフィンランド

ところかわれば

トピックス

森弘子さん

先日生後10ヶ月になる息子を連れてフィンランド・ヘルシンキに行ってきました。11月の初旬でしたが、た…
続きを読む

これからの「工芸」語りの可能性——『工芸批評』

「ていねいな暮らし」カタログ

阿部純さん

今回は、2019年10月に発行された『工芸批評』について触れたいと思います。本書は、銀座で開催された…
続きを読む

鱖魚群・湯たんぽ

色、いろいろの七十二候

びお編集部

画/いざわ直子 こよみの色 大雪浅葱色あさぎいろ #00A3AF ・青みがかって見える葱の色より、ご…
続きを読む

鱖魚群・さけのうおむらがる

びおの七十二候

びお編集部

鱖魚群と書いて、さけのうおむらがるといいます。鮭が群れをなして川を上っていく頃をいいます。鮭の遡上は…
続きを読む

七十二候 鱖魚群さけのうおむらがる

二十四節気 大雪たいせつ

さけのうおは鮭。鱖魚は中国の違う魚で、口が大きく鱗が小さく斑のある淡水魚の白身魚を指します。漢…
続きを読む『びおの歳時記』

熊蟄穴・ゆず湯

色、いろいろの七十二候

びお編集部

画 祖父江ヒロコ こよみの色 大雪浅葱色あさぎいろ #00A3AF ・青みがかって見える葱の色より、…
続きを読む

三の二

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

横浜駅前の飲み屋街のような一角を抜けて、私たちは線路沿いの道を歩いた。日曜日の午前中は、歩く人もまば…
続きを読む

熊蟄穴・くまあなにこもる

びおの七十二候

びお編集部

熊が「冬眠」のために自分の穴に隠れる時節をむかえました。 地球の地軸が変化し、四季が生まれたことによ…
続きを読む

子どもが「帰りたくなる」まちづくり 兵庫県川西市 グートンライフ

ちいきのたより

地域の記者さん

地域のイベントにユンボで参加♪ 『おさんぽマルシェ』はじまり、はじまり~♪ ことし10月27日の日曜…
続きを読む

七十二候 熊蟄穴くまあなにこもる

二十四節気 大雪たいせつ

熊の冬眠のこと。熊は冬眠の準備のため秋に大量の木の実を食べます、それこそ醗酵して芳醇な糞が出る…
続きを読む『びおの歳時記』

閉塞成冬・夜空

色、いろいろの七十二候

びお編集部

画/たかだみつみ こよみの色 大雪浅葱色あさぎいろ #00A3AF ・青みがかって見える葱の色より、…
続きを読む

閉塞成冬・そらさむくふゆとなる

びおの七十二候

びお編集部

二十四節気は大雪(たいせつ)。この日から冬至までの期間をいいます。 太陽黄経が225度のときで、雪が…
続きを読む

ミミとにゃんとメイのお話

我輩は歌丸である。

永田花さん

今回は永田さんの歴代猫3代が登場します。それぞれの嬉しい、悲しい思い出が蘇ります。…
続きを読む

続きを読む