七十二候 牡丹華ぼたんはなさく

二十四節気 穀雨こくう

牡丹の花が咲く。花札をやる方はご存知のように牡丹は六月です。旧暦なのでだいたい五月のあたりです…
続きを読む『びおの歳時記』

穀雨・霜止出苗のまとめ読み    あなたは初鰹派? それとも戻り鰹派?…他

びお通信

びお編集部

2019年の「穀雨(こくう)の次候・霜止出苗(しもやんでなえいずる)」は今日までです。暖かい気候にな…
続きを読む

「スミレ」

木版画が彩る世界

たかだみつみさん

漱石が「菫程な小さき人に生れたし」と詠んだその意図は。…
続きを読む

あなたは初鰹派?それとも戻り鰹派?

びおの珠玉記事

びお編集部

江戸時代には、「女房を質に入れても食べたい」といわれた初鰹。古くから日本人に親しまれている、初夏を告…
続きを読む

僕らのいったい何が違うの?

ぐるり雑考

西村佳哲さん

生まれ・育ち・経験・価値観の異なる者同士が生きていく社会。西村さんの思うこと。…
続きを読む

霜止出苗・しもやんでなえいずる

びおの七十二候

びお編集部

霜止出苗と書いて、しもやんでなえいずると読みます。霜が降りるのが終わって、稲の苗が生長する頃をいいま…
続きを読む

ふらり豊橋・漂うノスタルジー 愛知県豊川市 綺の家建業

ちいきのたより

地域の記者さん

4月25日から七十二候『霜止出苗しもやんでなえいずる』 霜が降らなくなり、健やかに苗が育つ頃。 ここ…
続きを読む

七十二候 霜止出苗しもやんでなえいずる

二十四節気 穀雨こくう

霜が終わり稲の苗が育つ。もう夏になろうとしているのに晴天のため夜間の放射冷却が激しく霜の降りる…
続きを読む『びおの歳時記』

穀雨・葭始生のまとめ読み   フランスの出産事情…他

びお通信

びお編集部

2019年の「穀雨(こくう)の初候・葭始生(あしはじめてしょうず)」は今日までです。葦をはじめ、草花…
続きを読む

「ていねいな暮らし」語りの棲み分け

「ていねいな暮らし」カタログ

阿部純さん

前回に引き続き「つち式 二〇一七」を取り上げ「(ていねいな)暮らし」の描き方に焦点を絞りました。…
続きを読む

フランスと日本、子育てにまつわるちがい 妊娠編

ところかわれば

トピックス

森弘子さん

少し前ですが、今年1月に第一子をフランスで出産しました。友人から聞く日本での妊娠・出産・子育てとはや…
続きを読む

広島ならでは!? 広島県広島市 大喜

ちいきのたより

地域の記者さん

カープ! カープ! カープ広島! 鯉の季節はカープの季節! 広島県人は会えばカープの話題で盛り上がり…
続きを読む

葭始生・あしはじめてしょうず

びおの七十二候

びお編集部

春爛漫は、野山だけでなく、水辺にもやってきています。葦あしが生え始めました。 葦は「葭」とも、「蘆」…
続きを読む

七十二候 葭始生あしはじめてしょうず

二十四節気 穀雨こくう

葭が芽生える。蘆や葦とも書かれるアシは古い呼び名で、新しくはヨシと呼ばれ、日本のどこの川辺にで…
続きを読む『びおの歳時記』

晴明・虹始見のまとめ読み   桃花色の季節…他

びお通信

びお編集部

2019年の「晴明(せいめい)の末候・虹始見(にじはじめてあらわる)」は今日までです。突然の雷雨など…
続きを読む

荒野のブロック住宅H.Price邸(1954)

F・LL・ライトに学ぶヴィンテージな家づくり

半田雅俊さん

F.LL.ライトのPrice邸。サボテンがニョキニョキ生える荒野に建つ別荘です。…
続きを読む

続きを読む