憧れの、湧水の田んぼ

移住できるかな

西本和美さん

地道に土地探しを続けている西本さん。とても眺めのいい憧れの土地を紹介されましたが。。…
続きを読む

土脉潤起・つちのしょううるおいおこる

びおの七十二候

びお編集部

昔から農耕の準備を始める目安とされる雨水うすいの季節をむかえました。空から降るものが雪から雨へと変わ…
続きを読む

一の二

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

箱根の老舗富士屋ホテルを舞台に繰り広げられる山口由美さんの小説第2回。…
続きを読む

七十二候 土脉潤起つちのしょううるおいおこる

二十四節気 雨水うすい

雨が降り、雪が融け、潤う。中国版七十二候の雨水初候は獺祭魚で、こちらの方が旭酒造の純米大吟醸「…
続きを読む『びおの歳時記』

立春・魚上氷のまとめ   日本一の巨樹「蒲生の大クス」他

びお通信

びお編集部

2019年の「立春(りっしゅん)の末候・魚上氷(うおこおりをいずる)」は今日までです。凍った川や湖も…
続きを読む

味岡伸太郎 古希の「ぐい呑み」展

びお通信

びお編集部

領域を横断的に活躍するアーティスト・味岡伸太郎さんの展覧会が、地元・豊橋で開催されます。…
続きを読む

フランスの引越し事情

ところかわれば

トピックス

森弘子さん

昨年6月の記事でパリのアパルトマン探しについてご紹介しましたが、我が家はその後無事にアパルトマンを見…
続きを読む

南部曲り家——岩手県の風景

まちの中の建築スケッチ

神田順さん

神田順さんのスケッチ。今回は南部曲り家をスケッチ。…
続きを読む

日本一の巨樹・大クスと共に 鹿児島県鹿児島市 シンケン

ちいきのたより

地域の記者さん

カラ カラ カラ ・・・ 風と共に境内に響く、クスノキ特有の葉擦れの音。 神楽鈴かぐらすずのようなお…
続きを読む

魚上氷・うおこおりをいずる

びおの七十二候

びお編集部

魚上氷とは、うおこおりをいずると読みますが、割れた氷の間から魚が飛び出るというのは、日本人には想像し…
続きを読む

七十二候 魚上氷うおこおりをいずる

二十四節気 立春りっしゅん

魚が氷の割れ目からおどり出る。七十二候は俳句ではあまり使われませんが、これは氷を「ひ」、上を「…
続きを読む『びおの歳時記』

立春・黄鶯睍睆のまとめ   ニャルソックしてるのはどの子でしょう?

びお通信

びお編集部

2019年の「立春(りっしゅん)の次候・黄鶯睍睆(うぐいすなく)」は今日までです。「こうおうけんかん…
続きを読む

名字の日

びおの珠玉記事

びお編集部

2月13日は「名字の日」。1875(明治8)年の平民苗字必称義務令により、国民すべてが苗字を持つこと…
続きを読む

「シラカシ」

木版画が彩る世界

常緑樹は、冬の日差しも有効活用しよう、という植物です。それに学びたい。…
続きを読む

三角モジュールの家Palmer邸(1950)

F・LL・ライトに学ぶヴィンテージな家づくり

半田雅俊さん

F.LL.ライトのPalmer邸。正三角形のユニットで構成された平屋建て。現在は、一般に貸し出され宿…
続きを読む

つなげ!繊維のDNA 岡山県倉敷市 運船建設

ちいきのたより

地域の記者さん

二十四節気では立春、七十二候では次候の黄鶯睍睆(うぐいすなく)。 ウグイスが山里で鳴き始める頃だそう…
続きを読む

続きを読む