どんな工程も思い出に 埼玉県本庄市 小林建設

ちいきのたより

地域の記者さん

暑くなると小林建設では夏の恒例イベント「木工教室」の準備が始まります。 毎年夏休みの宿題も兼ねて行う…
続きを読む

手間を楽しむ

ヨリドコロえんがわ

森川瞳さん

築100年以上経つ民家をリノベーションした「ヨリドコロえんがわ」 木製の古い玄関をくぐると、沢山の作…
続きを読む

仙之助編 一の六

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

外国人居留地の裏手に並ぶ「ヨシワラ」と呼ばれる急ごしらえの建物はアーネスト・サトウを甘美に誘惑した.…
続きを読む

七十二候 蓮始開はすはじめてひらく

二十四節気 小暑しょうしょ

蓮の花が咲く。沼などで大輪の花を咲かせる蓮はインドの原産で、早朝に咲き、昼には閉じます。泥水を…
続きを読む『びおの歳時記』

A retrouver pleinement la France もどりつつあるパリの日常

トピックス

森弘子さん

フランスでも美術館や映画館などが再開し、日常がもどってくる気配がします。…
続きを読む

海外のお友達もやっぱり猫が好き!?

我輩は歌丸である。

永田花さん

前回に続き、海外で出会った猫。花さんのハチワレ猫運はここから!?…
続きを読む

温風至・太陽

色、いろいろの七十二候

びお編集部

画/たかだみつみ こよみの色 二十四節気 しょうしょ 小暑空色そらいろ #A0D8EF 淡い明るい青…
続きを読む

自然が育む心豊かな暮らし 鹿児島県鹿児島市 シンケン

ちいきのたより

地域の記者さん

「家で過ごせる時間が増えてうれしい」と"おうち時間"を楽しむ、シンケンの住まい手…
続きを読む

七十二候 温風至あつかぜいたる

二十四節気 小暑しょうしょ

暖かい南風が吹く。梅雨のはじめのころの南風は「みなみ」などさまざまな名を持ちます。太平洋岸や瀬…
続きを読む『びおの歳時記』

一の一から仙之助編一の六まで 一気読み

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

ジャパネスク富士屋ホテル物語をまとめて一気に読めます。…
続きを読む

仙之助編 一の五

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

目の当たりにした歴史の奔流から2年後のアーネスト・サトウは、さらに日本語の勉強に力を入れた...…
続きを読む

暮らしをみつめなおす 福岡県古賀市 長崎材木店

ちいきのたより

地域の記者さん

半夏生(はんげしょうず) 夏至の末候 吹く風がしっとりぬるくてお肌がぺとぺと…夏の気配を感じるこの頃…
続きを読む

七十二候 半夏生はんげしょうず

二十四節気 夏至げし

からすびしゃくが生える。からすびしゃくは片白草や半夏生草とも呼ばれ、茎に近い葉が一部だけ白変す…
続きを読む『びおの歳時記』

夏至の色

色、いろいろの七十二候

びお編集部

画/柴田美佳 夏至 (げし) 6/21 ~ 7/20 「日長きこと至(きわ)まる」という意味で、ご存…
続きを読む

富山市中心市街地に建つ、隈研吾の建築を訪ねて 富山県富山市 建築工房 アシストプラスアルファ

ちいきのたより

地域の記者さん

2007年、富山市は青森市と共に「中心市街地の活性化に関する法律」に基づき、国の1号認定を受けるとと…
続きを読む

仙之助編 一の四

ジャパネスク 富士屋ホテル物語

山口由美さん

殺害事件後、大名行列に心を痛めるアーネスト・サトウ。後ろに戦争の気配が近づくのであった。…
続きを読む

続きを読む