(有)建築工房 悠山想 | 町の工務店ネット


手仕事ものがたり

悠山想の家づくりは、伝統構法の民家に学んでいます。民家は、自然を畏敬する中で、自然と共生し、自然の摂理に逆らわない構法、生態系システムの中での循環、そして地域独自の構法の中で育ってきました。私共の使う素材の中で、木材は地元筑後川水系の木、土壁は地元の土で荒壁と仕上げ用の聚楽風土壁を作って使用しています。漆喰は福岡県田川産のものと有明海の貝灰から、畳表は熊本県八代産の低農薬のいぐさを使用しています。アルミサッシも使いますし、プラスターボードも使っているので、自立循環型とも言えませんが、根本にはそれを求めています。人が生まれ死んでいく場所である住まいこそ、その人の暮らしと設計は一致しなければならないと考えます。設計者と職人と住まい手との協働のなかでの家づくりを楽しんでいます。

社名 (有)建築工房 悠山想
住所 838-0056 福岡県朝倉市中原280-3
電話番号 0946-21-5076
FAX番号 0946-21-5077
WEBサイト http://www.ab.auone-net.jp/~yuzansou/
柿渋染めの建具、土壁、コンクリートの床板の和室
柿渋染めの建具、土壁、コンクリートの床板の和室
ギャラリー兼用玄関ホール 砂漆喰仕上げの壁
ギャラリー兼用玄関ホール 砂漆喰仕上げの壁
天井に高低差のある居間と食堂
天井に高低差のある居間と食堂
築180年の民家再生、土間部分を居間に
築180年の民家再生、土間部分を居間に
福井県の蔵を移築再生、栗の柱と欅の梁
福井県の蔵を移築再生、栗の柱と欅の梁
広間の茶室
広間の茶室
茶室の待合 鉄骨造のビルを改装
茶室の待合 鉄骨造のビルを改装
木組みをあらわしに、耳納連山を借景に
木組みをあらわしに、耳納連山を借景に

    小 大
    ページ上へ