今候のまとめ読み

晴明・玄鳥至のまとめ   
歌丸大暴走!…他

猫と玄鳥至

2019年の「晴明(せいめい)の初候・玄鳥至(つばめきたる)」は今日までです。つばめが南からやってくる頃をいいます。つばめが軒先に巣を作るとその家は繁栄すると言われていますね。つばめは春と共に幸せを運んでくるのかもしれません。

びおの歳時記

晴明 4/5~4/19 玄鳥至 4/5~4/9

晴明・玄鳥至

こよみの色

晴明 幹色(みきいろ) #f2d88c

・樹の幹の色からうまれた色で、くすんだ赤みの黄色。織色の色名。4月の誕生色。春の小枝のしなやかな色から、「花舞小枝はなまいこえだ」の名も。

玄鳥至 桜色さくらいろ #FEF4F4

・桜の花弁にイメージされる赤みを含んだ淡い紅色のこと。薄い色なので桜色と書いてある所が見えないかもしれませんが、ちゃんと表示はされています。紅染べにぞめの中で、もっとも淡い色。ほんのり酔った女性の顔や皮膚が赤みをおびた様子にも使われることがあります。
この色名は平安時代より一般化していますが、初出は『古今和歌集』の「桜色に衣は深く染めて着む 花の散りなむ後の形見に」です。ただし、もともとは色名のことではなく「桜の色に」と言うべきところを省略して表記したものと言われています。

ちいきのたより 第33回

米酢「仁尾酢」醸造元田野屋中橋造酢株式会社

昔の風情残る町・仁尾

香川県三豊市 菅組さん

全国の工務店さんが交代で連載する「ちいきのたより」第33回は香川県三豊市の菅組さんでした。菅組さんがある香川県三豊市仁尾町には、明治から昭和初期に建てられたと思われる家がいまだ多く点在しています。それは長い年月を越えて初めて表現できる味わいのある風景。そこにはただ古いだけではなく、人々の暮らしや歴史が色づいて染み込んだような空気があるのでした。

2019.4.5公開

びおの七十二候

玄鳥至・つばめきたる

玄鳥至・つばめきたる

木版画/たかだみつみさん
文/びお編集部

今候は、春のセーターを一生懸命編む姿を思い出す俳句たちを紹介。女性のやわらかさ、優しさが春の暖かさにも似て優しい気持ちになります。もう一つは「菜種梅雨」について。いい香りがしそうな雨です。

2019.4.6公開

ジャパネスク 富士屋ホテル物語 第11話

富士屋ホテルしゅんしゅん画

一の十一

文/山口由美さん
画/しゅんしゅんさん

祐司の娘であり、作者の由美。由美は母裕子と富士屋ホテルに距離を置きたいという気持ちがあった。富士屋ホテルという大きすぎる存在。そして母裕子の病気。思春期の由美が抱えるには重すぎるものであった。

2019.4.7公開

我輩は歌丸である。 第19回

ハチワレ猫と桜


3年に一度のイベントでしょ?

永田花さん

今回は、いよいよ3度目の大脱走劇のお話。なんと決行されたのは、極寒の二月深夜。寒い中がんばる花さんにエールを送りつつ、我が道を行く歌丸にはやっぱりほっこり。

2019.4.8公開

以上、晴明・玄鳥至のまとめ読みでした。