今候のまとめ読み

晴明・虹始見のまとめ読み   
桃花色の季節…他

猫と虹始見

2019年の「晴明(せいめい)の末候・虹始見(にじはじめてあらわる)」は今日までです。突然の雷雨など不安定な春の天気。そのおかげで美しい虹が楽しめる季節です。虹を見るには太陽のある方向と逆方向を見るのがコツですよ。

びおの歳時記

晴明 4/5~4/19 虹始見 4/15~4/19

晴明・虹始見

こよみの色

晴明 幹色(みきいろ) #f2d88c

・樹の幹の色からうまれた色で、くすんだ赤みの黄色。織色の色名。4月の誕生色。春の小枝のしなやかな色から、「花舞小枝はなまいこえだ」の名も。

虹始見 桃花色ももはないろ #E198B4

・桃の花のような淡いピンク色のこと。桜色(さくらいろ)より赤みが強い。江戸時代に女性の肌着や裏地によく使われました。古代では桃という字は「つき」と読まれており、『日本書紀』にも「桃染布つきそめぬの」とあり、万葉の時代から用いられていました。

ちいきのたより 第35回

豊平館の赤絨毯の階段

150年の歴史を探す

北海道札幌市 マルワホーム企画さん

全国の工務店さんが交代で連載する「ちいきのたより」第35回は北海道札幌市のマルワホーム企画さんです。かつて蝦夷地えぞちと呼ばれていた北海道が改称され、150年が経ちました。150年と言うとすごく昔のようですが、日本の歴史から考えるとまだ「たった」150年しか北海道と言う歴史は無いのですね。その頃から現存している文化財に触れることで、さらに札幌に愛着が湧いたと言うマルワホーム企画さんです。

2019.4.15公開

森里海の色

やまうぐいすかぐら

木版画が彩る世界「ヤマウグイスカグラ」

版画/たかだみつみさん
文/佐塚昌則

鶯が神楽を舞っているようだから「山鶯神楽ヤマウグイスカグラ」など名前の由来が諸説ある植物。調べても答えがわかりませんでした。ご存知の方はぜひ「びお」までご連絡を!

2019.4.16公開

びおの珠玉記事 第47回

新タマネギ

春のタマネギ

びお編集部

春の野菜「新タマネギ」。柔らかく、スライスしてそのまま食べても辛味や硬さがあまりなく食べやすいですね。そんな春の旬を楽しみながら、タマネギと仏教の関係など深いところまでちょっと探ってみましょう。

2019.4.17公開

F・LL・ライトに学ぶ ヴィンテージな家づくり 第16回

荒野のブロック住宅H.Price邸(1954)

荒野のブロック住宅 H.Price邸(1954)

半田雅俊さん

フランクロイドライトの建築をたどる半田雅俊さんの連載。今回はアリゾナ州のPrice邸です。コンクリートブロックや木毛板等、荒々しい素材で建てられました。屋根付きの半戸外など自然とのつながりを強く感じる建築です。

2019.4.18公開

以上、晴明・虹始見のまとめ読みでした。