イベント情報

W. ALC®で実現する非住宅分野の木質化セミナー

集成材の進化!

2010年に制定された公共建築物木材利用促進法により、非木造建築への木材利用が課題になっています。
鉄筋コンクリート造へのカーテンウォールとしても取り付け可能なWOOD.ALCのセミナーが静岡県浜松市で開催されます。

以前、編集部が訪れた掛川市森林組合新事務所でも使われ、設計者の村松篤さんも講師として参加されます。

日時 2018年5月17日(木)14:00~16:30(受付開始13:30)
場所 アクトシティ浜松研修交流センター 62研修交流室

 

町づくりプランナー養成塾のご報告

4/9〜10、茨城県つくば市において、『町づくりプランナー養成塾』が開催されました。

詳しい報告を、町の工務店ネットwebサイトに掲載いたしましたので、ぜひご覧ください。
新しい用途地域「田園住居地域」をにらんだ、先進的な取り組みとして注目を集めました。
第2回の開催も予定されています。

http://machi-no-komuten.net/archives/26750

たかだみつみ木版画展 愛でる記憶2017-2018

びおで木版画を連載していただいている木版画家たかだみつみさん。
氏の個展が新潟と東京の2か所で開催されます。
木版画はむかしから実際に肉眼で見て楽しむもの。液晶画面では見られない木版画の魅力を発見しに会場へ足を運ばれてはいかがでしょうか?

たかだみつみ

展覧会名 : たかだみつみ木版画展「愛でる記憶2017-2018」

【新潟会場】
会   期 : 2018年5 月19日(土)~27日(日) ※水曜定休
時   間 : 10:30~18:00(土日祝19:00)
会   場 : LOCAL IDENTITY STORE(LIS長岡)
新潟県長岡市高畑町660(SHS長岡別館)
tel 070-2151-0351 http://lis.farm8.jp

【東京会場】
会   期 : 2018年6 月18日(月)~24日(日) ※無休
時   間 : 11:00~19:00(最終日は16:00)
会   場 : 月光荘画室1
東京都中央区銀座8-7-2永寿ビルB1F
tel 03-3572-5605 http://gekkoso.jp/

観 覧 料 : 無料
出 品 者 : たかだみつみ
出品点数 : 約15点(予定) 作品は購入も可能

旅行作家山口由美さんと巡る
建築家ジェフリー・バワ/スリランカの旅

ジェットウイング・ライトハウス

写真提供=山口由美

スリランカの建築家、ジェフリー・バワをご存知ですか?
今やリゾート建築を語るには欠かせない存在となった、建築家です。
今回は、その世界的有名な建築家の仕事を巡るツアー「熱帯建築家 ジェフリー・バワの美学にふれるスリランカの旅 7泊9日」の紹介です。

旅をナビゲートするのは、山口由美さん。
山口さんは、旅行業界の専門誌の記者を経て、現在は旅行作家として活躍されており、
『熱帯建築家 ジェフリー・バワの冒険』の著者でもあります。
過去には『アマン伝説 創業者エイドリアン・ゼッカとリゾート革命』や『箱根富士屋ホテル物語』を出されるなど、
日本のみならず世界各国のリゾートホテルを体験し、雑誌や書籍で執筆されています。

ツアーでは、この書籍で紹介された場所も巡ります。

バワの代表的な建築の一つに、ヘリタンス・カンダラマホテルがあります。1991年に建てられた、バワ最高傑作と言われるホテルです。

ヘリタンス・カンダラマホテル

写真提供=山口由美

また、ヘリタンス・カンダラマ。バワの建築で唯一、内陸に造られたホテルです。自然との一体感をモットーとしたこのホテルはやがてはジャングルの中に埋もれるように設計されました。写真の踊り場はバワのお気に入りの場所だったようです。

ヘリタンス・カンダラマ

写真提供=村田直子

このツアーは、今回で3回目の開催。土地の魅力を存分に生かした5つのホテルに宿泊することができたり、移動中でも山口さんによる「特別バワ講座」が予定されているなど、バワの魅力をすべて知り尽くしたい! と思っている方には絶好のチャンスです。

過去にツアーへ参加した2名の方へ、感想を寄せていただきました。

近年日本でもジェフリー・バワの人気が高まっています。バワが国際的に有名になったのはリゾートホテルによるところが大きいでしょう。バワは楽園づくりの名手と呼ばれています。彼が手がけたリゾートホテルは建築そのものより、その雰囲気がその土地の魅力を引き出し満喫させてくれます。滞在してみると建築の役割とは本来こうあるべきなのだと実感します。
かつて日本にもバワの作品がありました。1970年大阪万博セイロン(スリランカ)館です。建築の学生たった私も見た覚えがあります。白い格子にアクセントカラーがちりばめられたさわやかなパビリオンでした。バワの自宅であるNo.11やルヌガンガは、骨董趣味と揶揄されることもあります。そのデザインの乖離は同一人物の設計とは思えないくらいですが、バワの神髄はとびきり上質な感性にあると思います。感性を磨くには体験しかありません。山口さんと一緒に訪れたスリランカは、理論を超えた建築の未来を考えるきっかけになりました。

半田雅俊建築設計事務所 半田雅俊さん

 


 

今年も山口由美さんと巡るバワツアーが開催されます。私は、去年の第2回に参加しました。自然と一体となったバワ建築のホテルでは、朝夕異なるロケーションを眺め、インフィニティプールに入り、時には虫やイグアナも現れるなど、スリランカの湿気と熱気の中にいながら、欧風のエスプリも感じつつ過ごした贅沢な時間でした。

なかでも、最高のおもてなしをいただいたのは、山口由美さんのバワ解説です。企画した旅行会社の橋迫さんも一緒になり、二人の女史がまるで掛け合いのようにして、バワの幼少期のことから始まり、家族のことや私生活に至るまで、それからスリランカという地のことも、詳しく楽しくお話してくださいました。そんなバックボーンを知って体験できるバワ建築は、格別なものでした。
また、アポが取れたということで、バワの初期の作品である幼稚園やバワのお兄さんが拓いたという庭園も見学するという、サプライズオプションもありました。(今年はわかりませんが……)

本当に、身も心も頭もバワに浸れる旅でした。おすすめです。

MOON設計 村田直子さん
ヌルガンガ

夕陽に照らされたテラスのフランジパニの木の下で、静かな時間が流れます。(写真提供=村田直子)

スリランカ、バワの魅力を肌で体験してみませんか?

プログラム日程
2018年6月2日(土)〜6月10日(日)
お申し込み締め切り
2018年4月25日(水)
問い合わせ先「“山口由美と巡るバワ旅”事務局」(株式会社セレンディピティ倶楽部内)
TEL:03-3476-7207
e-mail:mail(半角アットマークを入れてください)serendipityclub.jp

詳細はこちらのパンフレットをご覧ください。

【4/18・19】近畿・春の勉強会

もっと、建築でやろうよ。

春の京都・大阪・和歌山で建築の勉強会ツアーを開催します。申込書(PDF)はこちらから!

日時 4月18日(水)11:50 JR山崎駅に集合

近畿、建築、春の勉強会 三澤康彦・三澤文子、建築見学会

建築事例を通じて木の家を見直す。

京都郊外の山崎から、阪南、和歌山まで、4つの建物を爆裂ツアー。

1.京都郊外 大山崎・上の田の家
設計/酒井敬洋 施工/ダイシンビルド 案内人/清水一人(ダイシンビルド 代表取締役)
2.和歌山 びおハウスHモデルハウス
設計/半田雅俊 施工/和秋建設 案内人/松原美樹(手の物語)他
3.和歌山 高積山の見える家
設計/瀧川建築デザイン事務所 施工/和秋建設 案内人/前田純(和秋建設 代表取締役)
4.阪南 柿の木荘(三澤康彦 遺作)
三澤康彦さんが逝ってもうすぐ一年。珠玉の遺作を三澤文子さんの解説を受けながら見学します。木の家の極意を学ぼう。

直面する焦眉の課題を解き明かす。

「2019年問題」とは、2012年にスタートした再エネ固定価格買取制度(FIT制度)が来年保証期間が満期となることを指しており、今後、ユーザーは電力会社と相対取引化を余儀なくされます。
売電価格は、当初1kWhあたり48円でしたが、1kWhあたり10円程度になると言われており、電力会社の取引拒否もないとはいえず、また機器の劣化による更新に対しては補助金も期待できないことから、ZEHに言う創エネのエースである光発電がどうなるのか行方の不透明さが伝えられています。経産省と機器メーカーは、蓄電池開発や、かしこい利用のためのHEMS普及に走り出していて、それらは、今後補助金対象機器となるでしょう。
スマホ世代が愉しめる流れの醸成と、短サイクル性の実態と、長いスパンに応えられる建築的手法の関係性と、それらの選択の幅について可能性と現実を探り出すことは焦眉の課題です。
そのためには、まず実態をよく把握した上で、「幸せな住まいとは何か?」という視点に立って、これらの機器について調べ、それぞれが見解を持たなくてはなりません。
勉強会では、これらの機器の最新情報と開発動向について佐塚昌則より、また、工務店と住まい手の幸せについて小池一三より報告をさせていただき、意見を交換したいと考えています。

【開催内容】

■ 日時
4月18日(水)11:50 JR山崎駅集合〜19日(木) 15:00 阪南解散
■ 会場
和歌山 加太淡嶋温泉「休暇村 紀州加太」・大阪阪南「柿の木荘」
■ 参加費/29,800円/人(税別)

♠2018・春の勉強会・申込書

 

【4/9・10】つくば・町づくりプランナー養成講座を開講

あなたも、まちのプランナーになりませんか?

ランドスケープ・プランタゴ代表の田瀬理夫さんとぷらん・にじゅういち代表の趙海光さんを講師に招き、茨城県つくば市にてプランナー養成講座を開講します。申込書(PDF)はこちらから!

日時 4月9日(月)11:50集合・10日(火)15:00まで
場所 つくばエクスプレス「つくば駅」

景観・造園、町づくりプランナー講座・田瀬理夫・趙海光

景観、造園、風景学

講座A 街なかに里山コミュニティをプランする。

街なかのL字用地に「里山のある町角」を計画する (趙海光・ぷらんにじゅういち アドバイザー・塾長:田瀬理夫)
千葉県柏市の街なかの、家が建て込んだ土地。この土地に、住まい手どうしのコミュニティーを育む「里山のある町角」をプランニングします。昔の町家は、各戸は前面道路と接し、お隣の建物と接し、というものでした。しかし、今の建築基準法は、道路後退・隣地境界からの後退が強いられています。これを逆手にとり、それによって生じた空き地を積極活用する方法を、趙さんは「現代町家」で方法化しました。「集まって住む」魅力を現代に活かす一つの方法です。

講座B 区域指定用地に「セルフ農家住宅」をプランする

土間のある平屋×農ある生活を計画する(塾長:田瀬理夫)
課題設定の対象とする土地は、つくば市により区域指定(都市計画法の規定に基づく開発行為の許可等の基準に関する条例)された区域。旧集落の中に「里山のある町角」をテーマに住宅地計画を作成し、講師の田瀬さんと一緒に検討します。田瀬さんからは、課題設計に入る前に、設計のための材料や、幾つかの手法についてお話いただきます。

座学に先立っての報告会

1. 冒頭挨拶/研究会への期待 塚本康彦(つくば・桜中部地区まちづくり協議会会長)
2. 「積極郊外」をプロデュースする 小池一三(里山住宅博プロデューサー・町の工務店ネット代表)

【開催内容】

■ 会場
・つくば市のとある集落の古民家にて
・筑波山温泉 双神の湯「筑波山江戸屋」
■ 参加費/45,000円/人(税別)

♣里山のある町角 プランナー養成講座・申込書(PDF)

大橋香奈さん ドキュメンタリー上映会のお知らせ

住まいマガジン びお編集部のある浜松へ引っ越したのは、昨年の7月のこと。その後夫となるパートナーを東京から呼び、家族ごと移動したのでした。へへへ。

一見思い切った決断のようでいて、私たちは私たちなりに「理想の暮らし」を考えて住まいを移ししました。そんな私たちのように、ふつうの家族でも、あらゆるライフイベントを機に「移動」することがあります。その「移動」のたびに、家族とは何か、考え直すことも多いのではないでしょうか。

住まいマガジン びおにて、大橋香奈さんにより連載中の『“Families” on the moveー移動する「家族」の暮らし方』では、4回にわたってインド・ネパール料理店のビサールさん一家の物語が紹介されました。

団地で見つけた「理想の暮らし」|ネパールから来たビサールさんの物語(1)
日本の「お母さん」|ネパールから来たビサールさんの物語(2)
スパイスと祭壇|ネパールから来たビサールさんの物語(3)
新たな移住の決断|ネパールから来たビサールさんの物語(4)

ビサールさんがどんな思いで日本に来たのか、そしてどんな思いで暮らし、また新たな新天地へと旅立ったのか。まるで映画のストーリーを覗くようにドラマチックにお話が展開します。(未読な方は今読もう!)

そんなお話を聞かせてくれる著者大橋さんが、ビサールさんをはじめとするさまざまな「移動する家族」を博士研究を通じて追いかけて来た成果を、ドキュメンタリー映像として作成されました。(どうやらとっても泣けるらしい。)先日、大橋さんが所属する研究会の研究発表会が横浜・みなとみらいにて行われたのですが、今度は千葉・HELLO GARDENで上映されることが決まったそうです。

■上映日:2/23(金)
■上映場所:HELLO GARDEN(千葉市稲毛区緑町1-18-8)
■上映スケジュール:詳細は未定。午後に3回上映する予定とのこと。
■入場料:無料

■作品タイトル:〈移動する「家族」(“Families” on the move)〉
世界で国境を越えて移住する人びとが増加し続けています。異国の地に移動した人びとは、母国や他国で暮らす「家族」と国境をまたがるトランスナショナルな交流を続けます。本研究は、移住した人びとが生きる「トランスナショナルな生活世界」がどのように成り立っているのか、「トランスナショナルな家族」がどのように維持されているのかを映像で描き出すことを目的としています。5人の協力者を対象に、それぞれに1年間に渡る調査を実施し、彼/彼女と協働して映像を制作しました。彼/彼女の、移住と家族をめぐる物語をご覧ください。

今後も各地で上映会が開かれると聞きます。観たいけど遠くの街まで行けない!という方は、自分の街でも上映してもらえるかも!? 私も浜松で上映できないか、聞いてみよう!

興味のある方は、ぜひお知らせください^^(志)

「堀部安嗣 建築の鼓動」上映会と堀部安嗣展

「住まいのグラフィティ」で2回登場いただいた堀部安嗣さん。彼が手がけた建築作品を紹介する堀部安嗣展、そして14の建築作品を紹介する短編ドキュメンタリー映画「堀部安嗣 建築の鼓動」の上映会と堀部安嗣さんを囲む会が静岡県浜松市で開催されます。

堀部安嗣展

日時 2018年3月15日(木)~2018年3月18日/13時~17時(最終日16時まで)
住所 静岡文化芸術大学西棟1階ギャラリー(静岡県浜松市中区中央2-1-1

映画上映と堀部安嗣さんを囲む会

日時 2018年3月16日(金)17時~20時30分
上映会と囲む会の詳細はこちら(静岡文化芸術大学のホームページ)まで。(甲)

画像と情報は静岡文化芸術大学の「堀部安嗣 建築の鼓動」上映会と堀部安嗣展を開催します(3月15日から)より。

住まいのグラフィティ

Vol.1  guntû(ガンツウ)  堀部安嗣建築設計事務所
Vol.12  鎌倉大町の家 堀部安嗣建築設計事務所

びお俳壇【大雪】募集!

大根引き大根で道を教へけり 一茶

古くから日本人は季節の言葉を使ってあいさつをしてきました。俳句が季語を使うのは季節のあいさつをするため。
「大雪の折」や「大雪の候」など、手紙で使う形式化された時候のあいさつは、そんな季節のあいさつの名残りです。

住まいマガジンびおは二十四節気や七十二候のこよみをもとに、住まいと生活の視点から旬な話題を届けてきました。
これって、あなたへ季節のあいさつをしてきたということ、です。
もうそろそろ、あなたから季節のお便りをいただきたいな、なんて思いました。
そこでこの「びお俳壇」を企画しました。二十四節気ごとに十七音の俳句をあなたに応募していただき
おもしろいな! たのしいな! すごいな! かっこいいな! こんなことあるの!と思った俳句を選んで掲載させていただきます。
そんな思いつきに、参加してみませんか?
というわけで、あなたの投句をお待ちしております。(甲)

応募要項

テーマ 冬の季語を使う。
締 切 2017年12月6日(水)23時59分
掲 載 冬至、2017年12月22日(金)12時に特選1句・入選3句程度を住まいマガジンびお (http://www.bionet.jp/) で掲載します。特選受賞者には賞品として粗品を贈呈いたします。
選 考 びお編集部員が選考し、寸評をつけます。

下のフォームから投句をお願いいたします。

びお養成塾2期生募集開始

大変お待たせしました。びお養成塾2期生を募集いたします。

毎度おなじみ流浪の番組「タモリ倶楽部」に出演されたGPS地上絵の達人石川初さん、ものさすの編集長中庭佳子さん、『ローカルメディアのつくりかた』の著者影山裕樹さん、そしてびおで絶賛連載中の半田雅俊さんなど豪華な講師陣を迎え、「工務店ホームページをはじめてみよう」から「お客様とつながるメディア」までをサポートします。

これからの工務店とメディアをつくるのは、あなたです!

日時 12月6日(水)10時開始、8日(金)16時終了(2泊3日)
会場
6日
自由学園明日館(東京都豊島区西池袋2-31-8)
7・8日
グランドシティ池袋(東京都豊島区東池袋1-30-7)

 

ジャパンホームショー2017

ジャパンホーム&ビルディングショー2017

手の物語と町の工務店ネットは共同でジャパンホームショー2017に出展します。

会期:2017年11月15日(水)〜17日(金)
会場:東京ビッグサイト
※ 無料で来場していただく方法はこちら→来場するには

びおソーラーハウスの模型や稚内逸品-メソポア珪藻土-の展示のほか
町角シートや里山住宅博 in TSUKUBAの展示、そして、住まいマガジン「びお」の展示もあります。

詳細は……
http://tenomonogatari.jp/event/jhs2017/

japan home&building show2017

味岡伸太郎展 富士山麓20景

あいちトリエンナーレ2016で、味岡伸太郎さんの作品はご覧になりましたか?
土に魅せられ、土を画材として絵を描く味岡伸太郎さんの個展が11月に、東京と豊橋で開催されます。

富士山麓の20か所で土を採取、
東京側の5か所で採取した土で描いた絵を、東京で「富士山麓20景之内五」として
愛知側の15か所で採取した土で描いた絵を、豊橋で「富士山麓20景之内十五」として
展示します。

東京

RED AND BLUE GALLERY
東京都中央区新富1-5-5トーア新富マンション102
11月10日(金)-12月9日(土)
火~金 12:00-19:00/土 12:00-18:00/日・祝・月休廊
11月10日(金)17時よりトークショー&オープニングパーティ。

豊橋

Gallery SINCERITE
愛知県豊橋市向山大池町18-11
11月3日(金)-26日(火)11:00-18:00 水曜休廊
11月3日(金)15時よりトークセッション&オープニングパーティ。[味岡伸太郎と土と絵画]味岡伸太郎×櫻井拓(ART CRITIQUE

◊ 味岡伸太郎さんによる町角シートもあります。
Vol.5  町角シート 味岡伸太郎 花頌抄 1


土によるドローイング、産土うぶすなという言葉が思い浮かびました。(甲)

びお養成塾一期生会のお知らせ

びお養成塾一期生のみなさんへお知らせです。

工務店勤務のweb女子と女子系男子30名が
北は北海道、南は九州から
京都に集った8月。
ともに学び、ともに汗を流し、ともに写真を撮り
お店に入れば壁材や構造について話した、4日間。

あの時の仲間と、東京で、再会できる機会を設けました。
びお養成塾一期生の同窓会、です。

びお養成塾第一期生会開催決定!

2017年11月16日(木)~11月17日(金)

詳細はコチラ
びお養成塾第一期生会
※ クリックするとpdfのダウンロードがはじまります。

町の工務店ネット総会2017開催

共感ネットワークへ!

11月14日(火)~15日(水)
東京で町の工務店ネット総会2017が開催されます。
「この工務店なら、自分たち家族に合った家を実現してくれる」
という共感の輪を広げるにはどうすればよいか?
その鍵となる設計技術、そして工務店発信力について解きほぐします。

町の工務店ネット総会申込書
※ クリックするとPDFファイルのダウンロードがはじまります。