びおハウスF

冬は光満ち、夏は木陰のように。 日本の家の未体験ゾーン。
家族それぞれが、自分の居場所を持てる、“F’sリビング”を持つ家。

Case plan

庭に面してF’sリビング、家族で使えるライブラリーがある「つながり」を育てる住まいです。
F’sリビングは、縁側と土間を合体し進化させた空間。LDKでも個室でもない、自由に使える家族のための新しい場所です。趣味の空間やペットの居場所、2階は室内物干しに最適。冬は太陽熱を集め、夏は日射遮蔽の装置になり、
電力消費を抑える家です。LDKと個室の他に、土間・和室・ライブラリー・ホビールーム等、様々な暮らしをサポートする数々の新しい部屋が用意されています。間仕切りが自由になるため、家族の成長に対応し、長い間使い続けることができます。3尺モジュール。バリアフリーに対応する4尺モジュールもあります。

【標準プラン・建物概要】

構造・規模 木造2階建(在来工法)
敷地面積 223㎡(67.56坪) *14.9m×14.9m・道路幅員6m
延床面積 114.27㎡(34.5坪)
1階:59.62㎡(18.00坪)
2階:54.65㎡(16.5坪)
モジュール 尺モジュール・柱間は3尺
基本性能 長期優良住宅対応(耐震等級-2・省エネルギー対策等級-4)
環境設備 F’s リビング 日射遮蔽・パッシブソーラーダイレクトゲイン
第2種換気
主な外部仕上げ 屋根:ガルバリウム鋼板 瓦棒葺き
外壁:窯業系サイディング
主な内部仕上げ 床:ムク材フローリング
壁:天然素材簡易左官ローラー塗り(ホタテ貝殻粉末入り)
断熱材 木の繊維断熱材(屋根(ア) 240・壁(ア) 100又は120)

Architect Profile

郡 裕美(こおり・ゆみ)

郡 裕美(こおり・ゆみ)

スタジオ宙一級建築士事務所
コロンビア大学建築学部修士課程終了後、同大学准教授。イエール大学、名古屋工業大学・東京理科大学講師を歴任。住宅、マンション、店舗、公共施設の設計などの他、古民家再生、町並み修復やランドスケープデザインも手がける。空間を体験した人がその美しさ、楽しさに感動できる建築をめざす。また、アートと建築の融合を目指し、国内外で空間アート作品を発表するなど、多岐に渡って質の高い空間創造活動を行う。東京建築賞、東京建築士会住宅建築賞、千葉県建築文化賞、大阪都市景観建築賞、英国The ar+d awards、The Architectural Review、ARCACIA アジア建築協議会金賞など国内外で建築賞受賞。一級建築士。
ページの先頭へ戻る