色、いろいろの七十二候

44

熊蟄穴・ゆず湯

ゆず
こよみの色
大雪
浅葱色あさぎいろ #00A3AF
・青みがかって見える葱の色より、ごく薄い藍色の緑みをさす。新撰組が羽織で使用した色。
熊蟄穴
鳩羽鼠はとばねずみ #9E8B8E
・山鳩の背中のような藤色に鼠色をかけた赤みがかった灰紫色のこと。赤みの灰紫。

寒い季節に温かいお風呂。ゆずを浮かべれば、いい香りでなんともリラックスできます。
ゆずとゆず湯の良さは、これまでの記事を参照していただくとして、「お風呂で温まる」ということを考えてみましょう。

唐突ですが、人が不慮の事故で亡くなるのが一番多いのが、家庭内です。
交通事故死者数は年間4000人台に対して、家庭内での事故死者は14582人(平成25年人口動態調査)。このうち、お風呂での溺死が5156人と、割合としては最も多くなっています。

この多くは、いわゆるヒートショックが原因と見られています。浴室や脱衣場の温度と、湯船の温度差が大きく、急激な温度変化で血圧が上昇、脳梗塞や心不全を引き起こし、溺死してしまう、という事故です。

溺死という事故扱いではなく、病死としてカウントされるケースも含めると、年間で1万数千人がヒートショックで亡くなっているのでは、という推測もあります。

冬場、12月ごろからヒートショック死は急増します。間欠暖房では脱衣場まで暖房していないケースも多く、水廻りは北側の一番寒いところに配されがちなこともあって、家の中で最も寒い場所になることもしばしばです。
かくして不幸な事故が後を断ちません。寒い家、というのが命取りになる典型例です。

暗い話からスタートしてしまいましたが、お風呂は本来たのしいものです。体を清潔にする、という役割はもちろんのこと、リフレッシュ、リラックスにも大きな効果があります。

新湯もさることながら、ゆず湯のいい香りは、リラックスできますね。温浴効果も高いといわれています。

「お風呂であったまる」というのは誰もが使う自然な言葉ですけれど、実際のところ、40度のお風呂であったまって、人体の方まで40度になってしまってはたまりません。実は、お風呂であたたまる、ということは、体を冷ます、ということにもつながっているのです。

…? …? ちょっとわかりにくいですね。

人体は、実のところ強烈な発熱体です。食事を燃焼させて代謝を行い、熱を産生しています。この発熱は、重量あたりで言えば、太陽よりも人体のほうが大きい、というほどですから、夏はもちろん、冬も放熱をし続けています。これによって人体の熱的恒常性が保たれています。

生命維持には、体表面ではなく身体の内部の温度(深部体温)の維持が重要で、身体表面はそのために放熱を調整しています。暑い、寒いという感覚は、この放熱の速度の問題が大きく影響していて、放熱が十分できなければ暑い、放熱が速いと寒い、ということになります。

この深部体温が夜になると下がってきて、眠気を誘うようになります。
けれど、寒い季節は、体表面、手や足の先などが冷えた状態では、放熱を防ぐために血流が少なくなっています。放熱が少ない、ということは体温を下げる効果も少ないわけです。

だから、よい睡眠のために、うまく深部体温を下げてやりたい。
ここで、入浴の登場です。

お風呂であたためられた体は、血流がよくなります。血流が良くなるということは、放熱効果があがるということです。入浴後しばらくすると、この放熱によって深部体温が下がって、よい眠りが出来る、といわれています。

ヒトの身体の恒常性は面白いものですね。

私たちが暮らす建物も、日中は太陽の日射から、そして暖房によって熱を受け、蓄え、放熱して、ということを繰り返しています。
このバランス、いわば熱のデザインをしっかり行うことが、ヒートショックのような不幸な事故を減らし、快適な住まいをつくる第一歩です。

※リニューアルする前の住まいマガジンびおから再掲載しました。
(2014年12月07日の過去記事より再掲載)