ちいきのたより

Vol.67  秋寅の館 地域とのつながり 
香川県丸亀市 和住宅

ちいきのたより67秋寅の館地域とのつながり香川県丸亀市和住宅

 

ちいきのたより67秋寅の館地域とのつながり香川県丸亀市和住宅

七十二候 「霜降 霜始めて降る」
朝夕にぐっと冷え込み、霜が降るころのこと。さぬき平野に霜が降りるのはまだまだ先のことですが・・・

丸亀の駅前にアーケードの商店街があります。通称「通町(とおりちょう)商店街」と呼ばれており、1963年頃に建てられました。当時はたくさんの人で賑わいを集めていましたが、時代とともにさびれてシャッターが目立つようになり、市民の誰も寂しく感じています。そんな通町商店街の中に「秋寅(あきとら)の館」という建物があります。この建物はある目的で開園されました。私は実際に足を運んでみることにしました。

通町商店街に入ってみたいと思います!
入る前に、ふと上を見上げてみると・・・入り口に何かデザインされています。

通町商店街入り口

いざ、通町商店街へ!

香川県丸亀市の通町商店街入り口のステンドグラス

なんて可愛らしいデザインなんだろう

よ~く見てみると、右から「うちわ」「丸亀城」「ちょうちん」が可愛くデザインされていて、昔の賑わいを再現!!

いざ、「秋寅の館」へ!!

香川のまちの駅秋寅の館外観

これが秋寅の館か~!


「秋寅の館ってなんだろう?・・・どのような目的でつくられたんだろう?」
それは・・・説明しよう!!

農機具や鍛冶を扱う鉄の商売を始めた秋山寅吉氏。その名も「秋山寅吉商店」です。建物は大正末期から昭和初期頃に建てられました。太平洋戦争で空襲の恐れがあったため解体保存され、戦後この場所に再築されました。それ以降は長年に渡り、鉄を取り扱う「秋山寅吉商店」の本社屋として使われました。平成3年12月頃に本社が移転した後閉鎖され、空き家状態が続いていましたが、「この空き家をどうにかしたい。何かに有効活用したい」という市民の声を聞き、丸亀商工会議所の方達が立ち上がり「まちの駅 秋寅の館」として再活用することになりました。「秋寅の館」という名前、もう気づいていますね。秋山寅吉商店の「秋」・「寅」に由来しています。

また、城下町丸亀に古くから残る「町屋」の雰囲気を最大限に利用し、市民・地域住民の交流の場、「市民参加のまちづくり」の拠点場所とし、まちの情報発信の場として活用されています。

まちの駅秋寅の館水曜定休開館時間

秋寅の館の新聞記事行って魅よう!秋寅の館

「なるほど!! たくさんの思いがあったからこの建物ができたんだね!」
「どんな建物か知りたいなぁ、中はどんな感じなんだろ・・・?」

ここからは、特別に写真を撮らせていただき取材もしてきました。
※撮影は要許可

秋寅の館長廊下廊下に差し込む光

誰でも気軽に利用できる休憩スペースがあり、ここを訪れた人達のために椅子やテーブル、お茶などが用意されています。また、秋山寅吉商店で使用していた「レトロの品々」をはじめ丸亀を紹介する特産や展示コーナー・まちの情報コーナーなどもあります。


私も実際に休憩スペースをお借りして休憩させて頂きました。「なんだか、穏やかな気持ちになり、ホッとします。」またボランティアの方々とワイワイお話しすることができます。

古い人形や黒電話、デルビル電話機(「となりのトトロ」でさつきちゃんが使っているあれです)などが置いてあり、レトロなお部屋になっています。昭和の時代にタイムスリップしたようでした。実際に黒電話やデルビル電話機を見たのは初めてで「どうやって使うんだろう」と思いました。
デルビル電話機や黒電話など古道具が並ぶ

さつきちゃんが使っていた電話はどこでしょう

古看板や人形など古い物がいっぱい

昔、使われていた看板をたくさん展示中!


中へ進んでみると、十畳と八畳のタタミの部屋があります。ここは会議室や集会室、展示などで使われており、問い合わせをすると誰でも利用できます。普段は誰でも自由に見学することができ、昔ながらの空間を肌で感じることができます。
10畳と8畳の畳の部屋

ここで会議や集会が行われているんだ!

秋寅の館会議室にも使われる和室

なんだか落ち着くなぁ


また、特別に秋寅の館の中にある「防空壕」に入らせてもらいました。
この防空壕はコンクリートでつくられており、実際に使われていたものです。タタミ六畳ほどの小さな空間で酸素が薄い中、20人ほどの人が身を隠していました。

入ってすぐに酸素の薄さに驚きました。「この場所でたくさんの人が身を隠し、たくさんの人の命が救われたんだなぁ」と思いました。地元の小学生などを招き、実際に防空壕の中を体験するなど、平和学習にも役立てられています。

丸亀秋寅の館防空壕見学の新聞記事

小学生たちが防空壕の中を体験

防空壕の入り口に置かれたムシロ

なんと防空壕の入り口です


私も祖父母から高松空襲について話を聞いたことがあり、「一瞬で町が火の海になった。本当に怖かった」と強く言っていたことを思い出しました。「戦争がないのは当たり前」という事を当たり前にしていくのは私たち「若者」だと思います。二度と戦争が起きない世界をつくっていき、平和な世界がいつまでも続くよう願っています。

日本では戦争のない日々が当たり前と思っている方も多いでしょう。しかし、世界では内戦や紛争、デモ活動が行われています。突然、平和な日々が失われ、たくさんの命が奪われています。戦争のない日本はどれだけありがたいことで幸せなことか考えさせられました。

ふと立ち寄ったさびれた商店街にこんな所があったとは知りませんでした。地域の方の尽力があったからこそ、今こうしてたくさんの人が「地域とのつながり」の場として利用されているんだなと思いました。
私はこの取材を通して、地域の方たちとのつながりは本当に大切だと改めて感じました。これからも、地域の方とのつながりを大切にし、いざという時にはお互いが助け合える関係を築きあげていきたいと思います。

秋寅の館の灯籠がある小さな庭

小さなお庭がありました!

前川佳里奈
ちいきの記者
前川佳里奈まえかわ・かりな
高松生まれ 高松育ち うどんだいすき人間。
4月に入社した現場ガール。まだまだ未熟ですが、頑張っています。
趣味はダンスと写真を撮ること。
香川県はうどんだけじゃない。讃岐の風景と自然と食材は日本一。

 

有限会社和住宅
(有)和住宅なごみじゅうたく
香川県丸亀市飯野町東分931-1
TEL:0877-43-2753
URL:http://nagomi-jyutaku.jp
「高知土佐の木を使い、本物の素材と匠の技でつくる自然素材の家」
香川県丸亀市、青ノ山のふもとで営む小さな工務店です。
和住宅の家づくりは、お施主様、スタッフ、そして職人、みんなが関わってできています。

お客様との納得できる打合せ、たまたま居合わせた職人との談笑、 些細なことでも和住宅での家づくりを楽しんで頂きたいのです。
そして、家ができあがった後からが、「本当のお付き合い」。いつまでも安心して過ごせるよう、和住宅では30年間の定期的な アフターメンテナンスを徹底して行っています。

ちいきのびお参加工務店さん全国図

ちいきのびお