ちいきのたより

Vol.33  昔の風情残る町・仁尾 
香川県三豊市 菅組

ちいきのたより第33回昔の風情残る町仁尾 香川県三豊市 菅組

 

ちいきのたより第33回昔の風情残る町仁尾 香川県三豊市 菅組

今日から二十四節気の「清明」です。花が咲き、蝶が舞い、空は青く澄み渡り、さわやかな風が吹くころとされています。
私が働く香川県三豊市仁尾町も所々で春のおとずれを日々感じるようになりました。


仁尾町には明治から昭和初期に建てられたと思われる家がいまだ多く点在しています。
味わいを増した木や漆喰の外壁、瓦屋根、なまこ壁など・・・。
椿と古民家
町の公民館の近くには、江戸時代の告知版「辻(つじ)の札場」の原型が残っています。
このあたりは、庄屋さんがあり、多くの店が集まり、商いや買い物をする人たちでにぎわっていたところです。札場の原型が残っているのは全国的にも珍しいらしいです。ここでは仁尾の藩主であった京極家の家紋「目結紋めゆいもん」の瓦が見られます。

城下町、港町として栄えていた仁尾町は、道が細くて狭く、くねくねと曲がっていて、それでいて両側には昔ながらの家がいまだにたくさん建ち並んでいます。
ところどころに建つ新しい家や改修した家も、板塀いたべい小庇こびさしをほどこしているものが多く見受けられます。特に景観保護条例などがあるわけではありませんが、昔の風情を残そうという町の人々の思いが今でも息づいています。

仁尾町は、まるで時間が止まったかのような独特の空気が流れています。初めて訪れる人も「どこか懐かしい場所だ」とおっしゃる方が多くいらっしゃいます。

食べ物やお買い物ができる場所を見つけるのも楽しみの一つです。

植野咲子
ちいきの記者
植野咲子うえの・さきこ
香川県三豊市仁尾町にある株式会社菅組でマーケティング部に所属しています。
主な仕事は会社の広報活動、カメラマン、チラシ・広報誌の作成、イベント企画運営などをしています。会社のことのみではなく、地域のことや自然環境のことなど、「暮らしている中で感じたこと」や「気づいたこと」も発信していければと思っています。

 

株式会社菅組
(株)菅組すがぐみ
香川県三豊市仁尾町仁尾辛15-1
TEL:0875-82-2441
URL:http://www.suga-ac.co.jp
私たち菅組は、明治42年の創業以来、建造物を通して人々の暮らしを見つめてきました。それぞれの時代に、人々が望んでいる価値ある建造物を提供。企画力、技術力、独創性を発揮して、その実績を積み重ねてきたのです。そのベースにあるのは「地域で愛される総合建設会社」でありたいという思いです。
菅組は決して派手な企業ではありません。創業以来、「知力」「徳力」「体力」の3つの力をバランスよく持った企業でありたい、人でありたいと考えてきました。言葉を変えれば、それは社是である「計画」「誠実」「行動」です。この3つの言葉を中心に、業務の主体を管理業務とする建設会社が増加している中で、敢えて自社の職人(大工・左官)による施工にもこだわってきました。ひとつひとつの作品をていねいに仕上げていけば、私達の活躍フィールドは自然に、着実に広がっていく。
今後も図面の向こう側にある、人と暮らしを見つめながら、技術と企画力を備えた総合建設会社として地域に密着した活動を続けていきたいと思っています。

ちいきのびお参加工務店さん全国図

ちいきのびお