amp/アンプ建築設計事務所イエニワハナレの外観

住まいのグラフィティ

Vol.50  イエニワハナレ
amp/アンプ建築設計事務所

計画地は40年程前に造成された住宅地の一画にあります。

敷地の周囲には造成時に建てられた古い住宅と、ここ10年程で建て替えられた新しい住宅が混在しています。

建主からの要望は「こじんまりとした家」と「作業場のような倉庫」であったため母屋と離れの分棟形式とし、道路側にはボリュームを抑え街に対して開いた離れ、敷地の奥には45度振って庭に対して開いた母屋、そしてその隙間を用途の違う庭という配置としました。
母屋と離れに囲まれ二つの建物をつなぐ庭、和室から眺めるための庭、建物と隣地との塀に囲まれた洗濯物や布団を干すプライベートな庭、母屋へのアプローチとなり駐車スペースともなる庭、これらの庭と母屋と離れの3つの要素をゆるくつなげることにより敷地をまんべんなく活用し、この敷地だけではなく隣地にも採風と採光を確保することを可能としました。

森下 陽

amp/アンプ建築設計事務所イエニワハナレの外観

西側外観。道路側に平屋の離れ、敷地奥に45度角度を振った2階建ての母屋を配した分棟形式の住宅。その結果生まれた敷地の隙間に様々な用途の庭を設え、住宅地に緑を挿入している。

無垢床が気持ち良さそうなamp/アンプ建築設計事務所設計イエニワハナレの2階寝室2階寝室。引戸を開けると吹抜とつながる。

DATA
■物件名:イエニワハナレ
■所在地:静岡県浜松市中区
■家族構成:4人(両親+子ども2人)
■構造:木造在来工法
■敷地面積:186.58㎡

■延床面積:89.66㎡

■竣工年月日:2013年10月
■設計:amp/アンプ建築設計事務所
■施工:杉浦建築店
■写真:森下陽

著者について

森下 陽

森下 陽もりした・よう
1979年静岡県生まれ。2002年大阪産業大学環境デザイン学科卒業~2005年ナウハウス~2012年サン工房。2012年amp/アンプ建築設計事務所設。2017年住まいのリフォームコンクール優秀賞・2018年グッドデザイン賞・2018年ウッドデザイン賞。

連載について

この連載は、住まいづくりの最前線を伝えるコーナーです。5日に1回ほどのペースで、設計事務所や工務店の建築事例をグラフィカルに紹介していきます。今日はどんな住宅と出合えるだろう、そんなワクワクした気持ちで覗いてください。