高低差を楽しむ暮らし株式会社沖田

住まいのグラフィティ

Vol.45  高低差を楽しむ暮らし
株式会社 沖田

幹線道路に面し、地盤が道路よりも2m下がっていて、車の乗り入れができない、と一見、不利な条件がそろって見える敷地でも、見方を変えることですべて有利な条件に変わったこの敷地。駐車場と玄関を中二階に持ってくることで、敷地内の動線に高低差が生まれ、外部からの視線が気にならない、この敷地ならではのプライベート空間が生まれました。

3人家族と犬1匹。リビングを中心に、ワンちゃんとの動線を考えた庭や土間スペース、お子様のお昼寝ができるちょっとした和室空間、また、吹き抜けには、籠りながら読書のできるロフト等、どこにいても家族みんなの気配を感じられる暮らしを提案。また、家具や金物も、一つ一つお施主様のお話を伺って、オリジナルの物を製作させていただきました。

駐車場が中二階にある家

中二階の駐車場と庭を見下ろせる玄関へのアプローチ

高低差を楽しむ暮らしのリビング

陽当たりよく、心地よいリビング

壁に張り付いている黒アイアンと木の階段

空中に浮かんでいる階段

オリジナル取手

赤ちゃんの背守りの「結び文」を模った取っ手

大きな吹き抜けのリビング

リビングを中心に庭や2階とつながっている

DATA
■物件名:高低差を楽しむ暮らし
■所在地:広島県広島市安佐南区伴東
■家族構成:ご夫婦+子ども1人+犬1匹
■構造:木造2階建
■敷地面積:227.5㎡(68.8坪)
■延床面積:104.5㎡(31.6坪)
■竣工年月日:2016年10月
■設計:株式会社 沖田
■施工:株式会社 沖田
■写真:折田茂樹・猪俣淳

著者について

沖田憲和

沖田憲和おきた・のりかず
「衣・食・住」日本人らしい文化を豊かにしたい。
灯りのついた家に「ただいま」「おかえり」の声が聞こえ、
温かい部屋で洋服を着替え、一杯。
休日には趣味のカメラや自転車、時には車をいじったり、
薪ストーブや鉄板を囲んで団らんしたり、
庭木の生い茂った庭の木陰でBBQをしたり、
そんな家族とのひと時を創造してシンプルにつくる。
住まいを通してオキタに関わるすべての方に「ありがとう」を言っていただけるように、
暮らしを想像し、住まい手と地域に貢献する住文化の創造を目指します。

連載について

この連載は、住まいづくりの最前線を伝えるコーナーです。5日に1回ほどのペースで、設計事務所や工務店の建築事例をグラフィカルに紹介していきます。今日はどんな住宅と出合えるだろう、そんなワクワクした気持ちで覗いてください。